メリーさんのひつじ日記

文系PhD留学帯同妻のアメリカ・メリーランド生活奮闘記です(/・ω・)/ 日本時間で毎週火曜日更新

アメリカのスーパーマーケット紹介!~SAFEWAY編~

 

で、アメリカのスーパーってどんなところ?

 

今回はアメリカのスーパーマーケット「SAFEWAY」の紹介です(/・ω・)/

 

個人的には、数あるスーパーマーケットの中で

最もベーシックなスーパーチェーンなのでは?と思っています。

 

 

 

 

※前回のH MARTに続きスーパーネタ続きますが、生活で一番利用するモノなので

これからもちょっと厚めに書いていきます!

 

 

 

 

その前に…

アメリカのスーパーは地域によって特性アリ

 

f:id:kyoumix:20200228032039j:plain

いろいろなスーパーマーケットのロゴ

 

スーパーマーケットはその地域性であったり、

取り扱うモノの価格帯によってかなり特性が分かれます。

 

例えば日本でも、

紀伊国屋成城石井のような高級スーパーから、

西友のように低価格に特化したところ、

他にもサミット、ヨーカドー、いなげや…などなど、

なんとなくそれぞれのスーパーの特徴を感じることがあると思います。

 

アメリカでも同様で、

Whole FoodsはOrganicや自家製ブランドの食材が重点的に扱われている

「グルメ・スーパーマーケット」という位置づけで、

野菜や鮮魚、パン、オリジナルの惣菜など、

さすが美味しそうで新鮮なものが並んでいますが、その分単価が高い印象です。

 

一方、とにかく広く、

シリアルやジュースなどメーカー品の品揃えがとにかく豊富な

Giantというチェーンもあります。

 

ちなみに、日本でもかわいいデザインのエコバッグが人気な

Trader Joe'sは、市街中心地に多いです。 

 

また、チェーンのほかに個人経営のスーパーもありますが、

私の住んでいる地域のスーパーはなんとな~く店内が暗く、

小汚い印象だったのであまり使わず…(;´Д`)汗

 

 

個人的な所感では…

地域によって住んでいる人の特徴が異なり、

高級住宅地の近くには高級スーパー、

そうでもない地域には普通のスーパー、といった感じで、

店にくる「客層」も全く違います。

 

日本でもスーパーごとのランクはあるけど、

「客層」の意味がアメリカと日本では異なる、というのが

日本とアメリカの一番の違いかもしれません。 

 

 

 

SAFEWAYはかなりベーシックなスーパー(たぶん)

 

前置きが長くなりましたが!

 

f:id:kyoumix:20200226153130j:plain

SAFEWAYの外観

 

我が家はいくつかスーパーをはしごすることが多いのですが、

SAFEWAYを利用する頻度が最も高いです。

 

理由としては、

・価格帯がリーズナブル

・そこそこの品ぞろえがある

・肉の鮮度が悪くない

・会員カードで割引が受けられる

などが挙げられます(/・ω・)/

 

店舗により敷地面積はまちまちですが、

それでも日本のスーパーよりも広く、

買い物してるだけで結構歩数が稼げるので、プチ運動になります(;´Д`)

 

 

SAFEWAYの店内(/・ω・)/ドンナトコナンヤ

 

野菜

 

f:id:kyoumix:20200227071016j:plain

野菜コーナー全体


店内はかなり広いです。

まとめ買いする人が多いのか、

カートがそもそも大きく、その分通路も広々としています。

 

f:id:kyoumix:20200227071114j:plain

なす、アスパラ、きのこ、パプリカも積まれること山の如く

 

f:id:kyoumix:20200227071137j:plain

たまねぎだけで4種類ある!

 

野菜は基本的に量り売りで、

例えば右の玉ねぎは1ポンドあたり1.99ドル、

 一番右のじゃがいもは2ポンドで3ドルという設定です。

 

店内には量りがあるので、レジに行く前に自分で量って計算したほうが無難です。

 

 

 

お肉類

 

f:id:kyoumix:20200227071046j:plain

無限ソーセージ

 

豚肉、鶏肉、牛肉、あとラム肉などなど。

 

パックのお肉も、

対面販売のようなコーナーもあります(まだ利用したことはない…)

 

f:id:kyoumix:20200227070325j:plain

お肉コーナー

 

1パックあたりの入数がとにかく多いので、

だいたい買ってから家で冷凍して、ちょっとずつ使っています。

 

あと、薄切りのお肉がありません…(;´Д`)

牛こま切れ肉、豚バラ、ローススライスなど、

パッと買ってそのまま使えるものは売っていません。

牛はそもそも、ステーキ肉くらいしか見かけたことがない(;´Д`)

 

f:id:kyoumix:20200227070253j:plain

ひき肉もドーーーンと1.5キロ

 

↑のひき肉は特に量が多いです。

12食分くらいになります。

 

 

鮮魚コーナー

 

f:id:kyoumix:20200227070223j:plain

冷凍サーモンフィレとティラピア

 

冷凍の海産物から、

サーモンの切り身など、幅広い取り揃えがあります。

 

こちらも、パックされているものと、

対面販売っぽいものがあります。

(肝心なところの写真を取り忘れました(/・ω・)/ゴメン)

 

f:id:kyoumix:20200227071201j:plain

冷凍のエビや切り身が充実しています

 

魚は肉に対して高い印象です。

salmon potionは1切れあたり4ドル代後半とか…。

 

チルドのものはどうしても高いので、冷凍の切り身を活用できないか思案中。。

 

魚も大容量パックが基本です。

 

 

 

パン

 

f:id:kyoumix:20200227070613j:plain

スーパー内のベーカリーコーナー

 

スーパーの一角にはおいしそうなパンコーナーもあります。(まだ食べたことない)

 

後ろには1個あたり69¢のドーナツも!

こちらはそこそこのおいしさ。甘いです。

 

 

f:id:kyoumix:20200227070355j:plain

f:id:kyoumix:20200227070423j:plain

トーストできるスライスされたパンはこちら!

 

やはりパン食文化なのか、

パンの種類・グレードともに豊富です。

 

この手のパンはだいたい1袋あたり20スライスほど入って1.5ドル~6ドルほど。

中にはゴマがかかっているもの(seeded)もあって美味しいです!

 

 

冷凍食品

 

f:id:kyoumix:20200227070549j:plain

冷凍食品通り。遠近法の見本のようですな…

 

 

アイス、ピザ、アイス、ピザ、そして野菜、惣菜、ラーメン(!)、ピザ、アイス…

 

 

f:id:kyoumix:20200227070522j:plain

冷凍ピザ!デカくて種類が豊富。これはほんの一部

 

冷凍食品コーナーはかなり充実しています。

特に、冷凍ピザの品ぞろえはさすがアメリカ!という感じで、

冷蔵庫3~4個分くらいあるのではないでしょうか。

 

冷凍ピザは、普通にウマいです。

 

 

その他

 

f:id:kyoumix:20200227070705j:plain

ちょっとしたチキンが売ってたり(高くて買えなかった)

 

f:id:kyoumix:20200227070154j:plain

餃子の皮、お豆腐も

 

f:id:kyoumix:20200227070829j:plain

これもいつか試してみたいチキン。wholeだそう…

 

f:id:kyoumix:20200226151610j:plain

まさかの寿司も!なぜかフライドガーリック乗せとのセット。



f:id:kyoumix:20200227070735j:plain

寿司全景

 

f:id:kyoumix:20200227070636j:plain

映えそうなお菓子もあります(/・ω・)/

 

 

 

まとめ:SAFEWAYは便利(/・ω・)/リーズナボウ

 

品ぞろえが豊富で、肉も野菜もそこまで質が悪くなく、高すぎないので

普段使いにはとっても便利なスーパーだなぁと感じています。

 

ちなみに「客層」ですが、

私の住んでいる地域はヒスパニック系の人が多く、

SAFEWAYでもおそらくヒスパニック系であろう人をよく見かけます。

もしかしたら年齢層は高めかもしれません。ファミリーは見かけない…。

 

冒頭でも少し書きましたが、

道路を挟んで向かいのGiantや、

近いところにあるWhole foodsに行くとまたさらに「客層」が違うというか、

雰囲気も変わってきます。

 

言葉で表現するのは難しいのですが、

確実に雰囲気は違います。

アメリカに住んだり留学する予定のある人にはぜひ、何軒かスーパーを回ってみてほしいです…!

 

 

 

今回はアメリカのスーパーマーケットチェーン、SAFEWAYを紹介しました!

また次の記事でお会いしましょう(/・ω・)/