メリーさんのひつじ日記

文系PhD留学帯同妻のアメリカ・メリーランド州生活奮闘記です(/・ω・)/ 日本時間で毎週火曜日更新

アメリカで妊婦が子宮筋腫の摘出手術をした話①(痛みを感じてから緊急外来に行くまで)

 

どうもkyoumixです(/・ω・)/

 

年始のブログでも書かせていただいたのですが、

実は年末から年始にかけて手術を伴う入院をしていました。

 

何が起こったのかというと、

「お腹が痛すぎて救急外来に行ったら、大きめの子宮筋腫が捻れていたので手術しました」。

 

\(^o^)/

 

まだご報告してませんでしたが

実はこの春ママになる予定です(/・ω・)/パンパカパーン

 

妊娠中の手術、というちょっと(とても悪い意味で)ドキドキなイベントでした。

 

手術は無事に終わり、

赤ちゃんもわたしも元気です。

 

本当はアメリカでの妊婦健診の話から先に書きたかったのですが、

どんどん記憶が薄れていくので

記憶がフレッシュなうちに入院・手術・退院までの話を書いてしまいたいと思います。

(長いので数回に分かれます!)

 

 

 

 

痛みの始まり、まずはかかりつけ医に診てもらう

 

痛い、けど、妊婦のお腹ってこんなもん?

 

なんだかおかしいな〜

お腹が痛いな〜

と思い始めたのは12月の中旬ごろ。

 

初めてのベイビーということで勝手がわからず、

最初はただのお腹の張りだと思ってました。

妊娠中期はお腹が急激に大きくなる時期で、

皮膚が伸びてる痛みなのかな?と。

実際、少し休んだら楽になったような気がしました。

 

ただ、日を追うごとにその痛みが強くなり、

車の乗り降りで体を起こすときや(そもそも助手席でぐったりするようになってた)、

歩くときですら痛みがお腹に響くようになってきました。

スーパー行ってもゆっくりとしか歩けない。というか全体的にとにかくしんどい。

これがクリスマスのことぐらい。

 

f:id:kyoumix:20220113233826j:plain

年末に見に行ったイルミネーション。「ワー!キレー^^(お腹いた〜い!)」

 

それから数日、ずっと痛みが続きました。

脇腹がずっと痛い!

全力疾走した後のあの脇腹の痛みがずーーーーっと続いてる感覚。

痛すぎてまともに寝れないくらい。

どの体勢をとっても痛い…寝返りも痛い…起き上がるのも痛い…

 

でもここまでは、「妊娠中期のお腹の張り」だと思ってました(´・ω・`)

赤ちゃんの成長に皮膚の伸びが追いついてないだけだと…。

 

 

かかりつけの産婦人科に行ってみる

 

とはいえ、数日休んでも良くならない痛み。

調べてみると、妊婦さんは便秘や下痢のようなトラブルを併発しやすいので

もしかしたら消化器系の動きが鈍ってるのかな?とも思いました。

 

だけどどうにも我慢できず、このまま年越しは危ないかもと思ったので、

年末でクリニックが閉まってしまう前に一旦見てもらおう!と決意。

 

アメリカの病院は日本のように予約なしで駆け込む、ということができなくて、

きちんとアポイントを取ってから行かなくてはいけません。

(urgent careや救急外来だけは別)

 

もともと年明けに定期検診の予定があったので、

もし電話口で「その時まで待ってね」って言われたらどうしよう…と思いつつ

思い切って電話しました(英語だから嫌なんだ!!)

 

 

私(´・ω・`)「昨日の晩からお腹が痛くて、よく眠れないほどでした。お腹が張っている(bloated)ようにも感じます。1月にアポイントがあるんですけど、追加のアポイントを今日か明日お願いすることはできますか…!」

 

受付に聞かれたこと

・性器からの出血(virginal bleeding)はある?→ない

・痙攣、陣痛みたいな痛み?→たぶん違う

・便秘(constipation)や下痢(diarrhea)はしている?→すこし便秘気味かもしれない

・お水はたくさん飲んでる?→たくさん飲んでる、と言える自信はない

 

このやりとりを通して、緊急性は低い(ただの張りか便秘)と判断されたっぽく、

やや診療は渋られたような印象(もう予約いっぱいなのよね〜みたいな)だったけど、

15時過ぎまでに来てもらえれば診てあげることはできるよ、ということで

一応アポイントを取ることに成功…!

 

電話ちゃんとしてえらかったな、自分(`・ω・´)

 

 

かかりつけ医は楽観的だった…

 

その後、産婦人科の時間まで歯医者のアポイントがあったので

痛みにこらえてなんとか虫歯を治し、産婦人科へ。

 

毎度の如く尿検査をして、

血圧と体重を測って、

電話で聞かれた内容と同じようなことをナースにもう一度聞かれる。

出血はない?便秘とかない?とか。

アメリカクリニックあるあるだと思うんだけど、本当に同じことを違う人に何度も聞かれる…)

 

そんでドクター登場。

 

診察室に入ってくるなり

「きっと大丈夫だよ〜^-^」みたいなテンション。

こっちの被害妄想かもしれないけど

「はいはい心配だから来ちゃった感じ?(たまにいるんだよねこういう人…)」

って言われた気分だった…

 

赤ちゃんの心拍確認だけして、エコー(ultrasound)はなし。

あれ〜、受付でエコーの同意書にサインしたんだけどなぁ。

 

ドクター、

「そんなに心配しないで!赤ちゃんは元気だよ」

「便秘気味ならプルーンジュースとコーヒー飲んでね。スタバにもあるよ。」

「とにかく、よく水分をとって休んでね!」

とだけ…(´・ω・`)

 

診察時間、2分もなかった…

ただの心配性の妊婦がきたと思って手短に済まされた…

 

※ちなみに、アメリカの妊婦健診では、日本と違って毎回エコーを取ることはしません。

最初の胎嚢の心拍確認と、12週と、20週と、妊娠後期のどこかでもう1回だけらしい。

ダウン症のチェックなどはNIPT(出生前の遺伝子検査)がメジャーなのでそれで確認。

これについてはまだ別の記事で書きます(/・ω・)/

 

 

とにかくその日は

「この週数の典型的な症状なのかな」と理解して帰りました。

引き続き歩くのも激痛でしんどかったけど、

言われた通りプルーン(ジュースは高かったからドライフルーツ)も買って帰った。

 

とりあえず心音聞けたし、

とりあえず赤ちゃんは無事…ってことで

安心しようと思ってました。

 

 

ぜんぜん痛みが引かない…もしかして盲腸?

 

ただ、その後もお腹の痛みはちっとも良くならず、

もうベッドでぐったり…

寝るのも起き上がるのもしんどくて、料理も作れませんでした。

 

試しに手持ちのアセトアミノフェン(≒解熱鎮痛剤。日本でいうカロナール)を

飲んでみたけど、それも効かない…!

 

どうにも良くならないなぁ…と、

再び症状でググりまくっていた翌日夜、20時過ぎ。

 

たいていのお腹の張りは、10分〜15分休めば良くなるらしい。

だからやっぱりおかしい。

 

そしてついに、日本のどこかの産婦人科クリニックのページに、

「妊娠中期の腹痛がしばらく休んでも良くならない場合は、

虫垂炎や腎石などの病気が隠れていることがある」

という一文を発見…!!!

 

虫垂炎って…盲腸!?

えーっ、あの盲腸??

 

確かにわたしの痛みも脇腹。しかも右側。

しかも妊娠中は、内臓が子宮に圧迫されて位置が微妙に変わってるから、

本当の盲腸の位置とは違う部分が痛んだりするらしい。

 

わー! 盲腸かも!??

ついにここで、腹痛の「妊娠以外」の原因を考えるに至りました。

 

妊娠中に盲腸になる方は結構多いらしくて、

ブログを漁ってみると、

あまりの痛みに我慢できなくなって受診したら盲腸で緊急手術した、という方がちらほら…

産婦人科に盲腸のことはわからない」とも書いてあった。

 

なんてこった。

本当に盲腸かもしれない。

 

ってことで、

一度はかかりつけの産婦人科医に大丈夫だよって言われたけど、

「もしかしたら…」と思って夫に相談し、

年末だけど、夜中だけど、

緊急外来なんてあとからいくら請求されるかわからないけど、

急遽、思い切って、外来に行くことを決めました。

 

 

アメリアメリカしつこくて申し訳ないけど、一応補足をば(´・ω・`)

 

アメリカの医療費は桁違いに高いのです。

日本みたいに保険に入っていれば一律で3割負担で済む、なんてことはなく、

負担額は治療内容と入っている保険のカバー内容によって大きく異なります。

 

病院そのものが保険のネットワーク内かそうでないか、とか、

適用項目が内科、麻酔、入院…にように細かく分かれている、とか、

保険の良し悪しによって70%しかカバーされない場合やきちんと全額カバーされる場合がある、とか。

 

保険がなかった場合、虫垂炎の手術は1泊で600万円くらいするんですって。

普通に考えて払えない…!

ちゃんと大学経由で保険には加入してるので、

ある程度はカバーされるだろう、という見立てはあったけど

緊急外来にかかるというのはそれなりに思い切った決断でした。

 

 

救急外来を探せ!

 

診てもらえる病院を探す①:時間外診療ってなんだ!?どこがいいんだ?!

 

緊急時、時間外診療は

・urgent care

・24時間営業のemergency受付の病院(hospital)

で診てもらえます。

 

urgent careは基本的にケガとか、応急処置みたいなのに特化した場所のようで、

hospitalはもっと総合的な、日本でいう日赤くらい大きな病院のイメージ。

 

ちなみにご存じの方も多いと思うけど

アメリカでは救急車は有料($1,000≒10万円くらいするらしい)です。

だから本当に事故って大怪我したときとか、

呼吸が難しくなってるとか、そういう大事の時に呼ぶものらしい。

 

 

診てもらえる病院を探す②:かかりつけ医に事前に電話

 

日本から持ってきた

アメリカ医療ハンドブック」という本によれば、

緊急外来にかかる前には一刻を争う状況でない限り、

かかりつけの医者に相談せよ、と書いてありました。

 

かかりつけ医に予め一報入れておくことで、

緊急具合を判断してもらったり、

病院を指定されたり、

かかりつけ医が病院に出向いてくれて処置をしてくれる場合があって

結果的に処置が早く済む場合がある、などなど。

 

わたしもまだ全体像が掴めていないのですが、

アメリカで医療を受ける順番は、

かかりつけ医がまず最優先で、何においてもまずかかりつけ医に相談を…!

ということになっているらしい。。。

 

また、それぞれのクリニックは時間外の電話に対応できるように、

電話対応サービスを使っているから、

夜中でも電話をかけても大丈夫、とも書いてありました。

 

f:id:kyoumix:20220114004811j:plain

アメリカ医療ハンドブック(IBCパブリッシング)」。この本で指差しで症状を訴えるのは実際には難しいけど、アメリカの保険システムや、各科ごとの医療事情や用語の説明があって便利です。

 

ということで、

とりあえず夫からかかりつけ医に電話をかけてもらう。

クリニックの電話番号にかけたら、オペレーターみたいな人が出ました。

 

夫(´・ω・`)「お腹の痛み(abdominal pain)が右側にあって、だんだんひどくなってきているので盲腸(appendicitis)を疑っています。緊急病院に行きたいと考えてます。」

 

と伝えると、

そのクリニック所属の、担当医ではないドクターから折り返しの電話。

出血はあるか、痛みはどのくらいか、などを聞かれて、

もし盲腸なら緊急性が高いからすぐ病院に行ってくださいとのこと。

 

ただ、こちらから紹介できる病院はないから、

近くの救急外来のある病院を探して行ってください、という指示でした。

 

(正確には、そのかかりつけ医の近くに総合病院があって、

このクリニックにかかっている妊婦さんならそこで出産するケースが多いから

そこに行く人が多いけど…ということは伝えられました。

でもそこ、車で40分以上かかるんだよね(´・ω・`))

 

 

診てもらえる病院を探す③:いざというとき手術までできる大きな病院を探す

 

かかりつけ医との電話と同時並行で、

「hospital near me」「emergency care near me」みたいな単語でググって、

見てもらえそうな病院を調べました。

 

盲腸の患者が妊婦の場合、通常の触診などでの診断ができないらしく、

念のため、CTスキャンMRIが受けられる大きめの病院を探しました。

urgent careはケガなどの応急処置をする場所とのことなので、検索対象からは除外。

 

akachann99.hateblo.jp

 

調べていくと、

かかりつけの産婦人科に通っている歴代ママさんが出産した病院…と、

同じ系列の病院が車で15分程度の距離にあることを確認。

 

(本当はもっと近くにもあったんだけど、

念のため電話して確認したら、CTスキャンMRIといった大きな機材はないから

盲腸なら別の病院に行ってね、と言われたのでした)

 

急いで身支度を整えて(わたしは辛すぎてパジャマのまま)、

すぐに病院に向かいました。

 

持っていったもの↓

・ID(運転免許証)

・保険証

・過去にもらった処方箋

・いま飲んでる薬とサプリの現物(何かあったら見せるのが1番だから)

産婦人科で過去にもらった書類一式

・日本でもらった紹介状や婦人科系の診療記録

・ワクチン接種記録

・携帯の充電器(長く待たされるかもしれないから)

など。

 

 

 

あぁっまだ病院にも辿り着いてないのに5000文字!!

書き残したいことや補足したいことが多すぎて長くなってしまう!!

 

ということで、無事に退院するまで何記事かに分かれます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

次のブログでお会いしましょう(/・ω・)/

 

渡米直後の自分に伝えたい!アメリカ生活「なにやる?」のアイディア10【留学帯同生活】

 

どうもkyoumixです(/・ω・)/

 

この冬は暖冬で、しばらく10℃前後の日が続いたのですが、

先日16℃あった次の日に氷点下になり、初雪がふりました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

寒くなると一気にマイナス…

これがメリーランド…

 

f:id:kyoumix:20220110232638p:plain

一晩でこれ!アパートのこどもたちははしゃいでました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

さて今回は、

アメリカ生活でなにする?」のアイディア10個を出してみました!

 

渡米前、職場からも友人からも

アメリカ行ったらなにするの?」と聞かれまくったあのころ…( ˘ω˘ )

 

ついに答えが出ずに渡米して、

アメリカ来たけどなにしよう…」と自問しまくったあのころ…( ˘ω˘ )

 

あの時の自分になにか提案するならこんな感じかな…と、

2年過ごしてみた結果

・やってみてよかったこと

・自分にはできないけどよさそうなこと

をカテゴリごとにまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

生活の基盤を固める

 

①車の免許を取る/1人で運転できるようになる

 

f:id:kyoumix:20220110232757j:plain

アメリカはシンプルに車社会

 

今思うと怖がらずにさっさと練習しておけばよかった(´・ω・`)

 

アメリカは一部の街を除けば、ほぼ例外なく田舎…

私の住んでいる場所は幸い、バスやメトロ(地下鉄)が利用できますが、

バスは数十分に1本のレベルで、

メトロの最寄り駅は徒歩40分以上かかる場所にあります。

 

スーパーの買い物、ちょっとした用事、

友達とのお茶、通学、通勤、お出かけ、観光…なんでもそうですが、

「車がある」前提の交通網なので、自分で運転できるに越したことはありません。

 

IDにもなりますし、

渡米したら早々に免許は取ってしまうことをオススメします(/・ω・)/

 

f:id:kyoumix:20211225080212j:plain

こんなターキー、歩いて持って帰れないよ(´・ω・`)

 

メリーランド州の場合は、

日本の免許を持っていれば、簡単な講習を受けて書類を揃えるだけで

免許を交付してもらうことができます。

 

実際、車の運転ができるようになってから、

自分自身の行動範囲がグッと広がり、

夫に運転を頼まないでも出かけられるようになったので

より気軽にお出かけや用事を済ませられるようになりました(/・ω・)/

 

↓メリーランドでの免許取得方法はこちらにまとめています

kyoumix.hatenablog.com

 

↓免許更新はこちら

kyoumix.hatenablog.com

 

 

 

②語学学校やESOLに通う

 

f:id:kyoumix:20210819031926p:plain

ESOLのオンラインクラス。基本的な文法の勉強や会話の練習ができます。

 

ESOLとは、English for Speakers of Other Languageの略で、

外国語として英語を学ぶ人向けの英語教室のことです。

わたしはアメリカに来て2年目から、

コミュニティカレッジのESOLを7ヶ月ほど取っています。

 

当たり前のことですが、

アメリカに住むのであれば、英語で生きなければいけません(´・ω・`)ソリャソウダ

 

もちろん日本語でもある程度の情報収集はできますし、

パートナーの助けを借りれば

自分自身が話せなくてもなんとかなるかもしれません。

 

…が!

やっぱり自分自身の英語で戦わなければいけないタイミングが

必ず訪れます!

 

先日入院した際(今は元気です!)、

ドクターやナースの入れ替わりが早すぎて

毎度電話通訳を入れる時間がなかったし(頼めばもちろん使えます)、

最終的に電話通訳を入れた時には………

 

 

 

誤訳されました/(^o^)\

すぐに気づいたからよかったけど/(^o^)\

 

そのときに、

やっぱり自分でも分からないといけないんだ!と強く認識させられました。

わたしの英語レベルなんてまだまだですが、

それでも、数ヶ月ESOLに通っておいてよかった…と心から思いました。

 

 

アメリカは多国籍国家なので、

英語を学びたい大人にも、それなりのサポートがあります。

 

メリーランドの場合は、

コミュニティカレッジや図書館などで無料の英語教室や会話のクラスが開催されていますし、

大学に附属している英語学校に通うという選択もありです。

(英語学校のガチ度によって、帯同ビザではなくF1ビザが必要になる場合もあります)

 

↓例えば図書館ではEnglish Conversation Clubにオンラインで参加できます

mcpl.libnet.info

 

↓Mongtomery CollegeというコミュニティカレッジのESOLは、

メリーランド在住であれば無料で受講することができます。

(2022年1月現在、オンラインクラスあり/Advanced Classのみ$100)

www.montgomerycollege.edu

 

アメリカに来て社会的なつながりがなくなり、

気分が落ち込んでしまう人も多いのですが、

学校に通うことで「学生」という身分にもう一度なれますし、

運が良ければ友達もできますよ(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

新しいことを学ぶ、体験する

 

③英語以外の習い事に通ってみる

 

わたし自身は通ったことがないので

詳しい話はできないのですが(^ω^; ≡; ^ω^)

 

先日帰国した友人や、

十数年前に留学帯同を経験された指導教官の先生の奥さんが

アメリカでの習い事を楽しんでいました。

 

聞いたところによると、ワシントンD.C.には茶道の教室があるらしい!

あと、習い事とは違うかもですが

ボストンの方はお互いにお互いの国の料理を教え合う会に通っていたとか。

 

ヨガとか、写真とか、工芸とか、料理とか、おいしいコーヒーの淹れ方とか、

なんでもいいのですが、

せっかくできた自由時間で新しい趣味を見つけるのもいいですよね、

っていう提案です(^ω^ ≡ ^ω^)

 

(実体験してないからこれ以上書くことない)

(小並感)

(でも時間とお金に余裕があればぜひおすすめ)

 

 

④どっぷり観光!旅行に投資しちゃう

 

f:id:kyoumix:20220111002801j:plain

アメリカに引っ越してくる前に訪れたNY・エンパイアステートビルからの眺め。

 

日本に住んでたら十何時間かかるフライトも、

何泊もかかるホテル代も、

アメリカに住んでいる今だったら最小限に抑えることができます(/・ω・)/

 

メリーランドからならニューヨークまでは車で片道4時間ほどなので、

天気が良さそうな土日に「えいや!」と出かける人も多いとか。

 

ほかにも、

年末年始やThanksgivingといった長期休みにフロリダに行ったり、

本帰国前にガッツリ休みをとってロードトリップをされる方が多い印象…(^q^)

グランドキャニオンとか、西海岸もいいですよね…

自然が好きなら、カヌーやハイキングを楽しむのもアリですね〜〜!

 

アメリカの外食はとっても高いので

旅行はそれなりに費用がかかりますが、

そのために貯金しておくのは結構いいと思います。

 

我が家もアメリカを去る前に行きたい場所がたくさんあります(`・ω・´)イケルカナー

 

 

⑤オーブン料理・多国籍料理に挑戦する

 

f:id:kyoumix:20220111062330j:plain

コンロの下がまるっとオーブン。めちゃくちゃでかい

 

アメリカのキッチンの魅力、それは

でっかいオーブンがあること!

 

オーブンがあれば、ピザだって、パーティ用のドリアだって焼けちゃいます。

 

f:id:kyoumix:20220111062554j:plain

トマトソースと海鮮明太マヨのハーフ&ハーフ

 

f:id:kyoumix:20220111062802j:plain

ミトン2枚分のエビドリアもこのとおり

 

もちろんステーキや、

ターキーの丸焼きなんかもできます。

 

今しか使えないでっかいオーブンで

料理のバリエーションを開拓するのはそれなりに楽しいかも。

 

他にも、さすが多国籍国家のアメリカ…ということで

スーパーでブリトーの材料をゲットしたり、

それぞれの国のスーパー(ロシア系とか、韓国系とか)で探せば

日本ではなかなか見かけない食材を手に入れることができます。

 

f:id:kyoumix:20220111073755j:plain

試したことはないけど、これはヘブライ語の商品。きゅうり…?

 

 

アウトプットを楽しむ

 

⑥ブログを運営してみる

 

日々の記録を残したい、

スーパーの商品の感想をシェアしたい、

ただただ愚痴を書きたい…

 

そんなときにオススメなのがブログです。

 

登録も簡単ですし、スマホさえあればできちゃうので

気軽に始められます(/・ω・)/

 

わたしがブログを始めたのは渡米して1ヶ月くらい経ったころだったと思いますが

渡米前からやってみようかな〜となんとなく決めていました。

 

もともとなにかしらの形でアウトプットをするのが好きだったのと、

日本にいたころの上司に

「日常生活でなにかしらネタを探す習慣があると楽しいよ」と

アドバイスをもらって、確かに〜と思ったのがきっかけでした。

 

f:id:kyoumix:20220111064202j:plain

美味しかったお菓子の感想とか、内容はなんでもいい
(写真のTurtle Chipsはクラスメイトに教えてもらってHmartで買いました!とんがりコーンみたいでうまし)

 

わたしの場合は、

大学院留学に帯同してアメリカに来た人の情報が少なくて(というよりほぼ皆無)困った…という経験から、

将来的に同じような選択をする人にとって

役に立つようなことが書けるように意識しています。

 

役に立たなくても、こういうきっかけで渡米したひとが

アメリカでどんな暮らしをしてたかが記録に残るだけでもいいかな…と(/・ω・)/

 

収入を得ても問題ない環境なのであれば

がっつりアフィリエイトを狙いにいってもいいと思いますし

ブログランキングの上位を目指してもいいと思います。

 

日々の生活を記録しておくと、

ふとした節目に振り返ったときに楽しいし、

あのときこんなこと考えてたんか…ってしみじみできます。し、

意外とブログって、「どこかで読んだあの記事」が役に立つことってあるんですよね!

 

ひょっとしたらどこかで誰かのお役に立てるかも…(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

YouTubeチャンネルを開設する

 

やってる人が意外と多いな〜と感じるのがYouTubeです。

ブログよりもややハードルが高いですが、

動画なのでよりわかりやすくアメリカ生活の雰囲気を届けられます(`・ω・´)

 

旅行のvlogとか、

考えたことをただ話すとか、

これも内容はなんでもいいと思います。

別に本人が登場する必要もないし(/・ω・)/

 

なにより、スマホで撮影・編集・アップロードのすべてができてしまうので、

特別なコストがかからない!

 

「登録者数が伸びなかったら恥ずかちい><」という方は、

チャンネル登録者数や高評価数を隠しながら動画を上げることもできるので

試しにやってみたい!という方にはぜひおすすめです(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

⑧インスタを極める

 

f:id:kyoumix:20220111070347j:plain

頑張って映やした(お気に入りのコーヒー屋さん)


ブログよりもYouTubeよりも気軽に始められて、

より簡単に日々の記録が残せるのがインスタです。

(わざわざオススメするまでもないな…(^ω^ ≡ ^ω^)!)

 

海外生活、というだけで目に映るものすべてが新鮮に見えたり、

絵になる風景もたくさんあると思うので

写真の撮りがい&アップしがいがあります(/・ω・)/

これを機に写真の構図や加工の技術を学んでもいいしね。

 

インスタのもう1つの利点は

同じ地域の日本人と繋がりやすいことです。

ストーリーズ機能のおかげで、ツイッターよりもDMが送りやすい気がする。

アメリカ生活の先輩たちから

生活にまつわる具体的なあれこれを教えてもらって、実際かなり助かっています。

 

#アメリカ生活

#駐在妻さんとつながりたい

#〇〇州

とか、そういうタグが山ほどあります!

 

難点は、インスタの投稿はネット検索にひっかからないところ。

ググっても出てこない!

後世に情報を残したい!というモチベーションで投稿するなら、

ブログのほうがいいかもしれません(/・ω・)/

 

 

アメリカならではの体験に没頭する

 

アメリカの行事に染まる

 

f:id:kyoumix:20220111071428j:plain

スーパーにかぼちゃが並ぶのはアメリカならでは

 

日本で既に馴染みのあるイベントも、

アメリカでは楽しみ方が違うものがあります。

 

特に、アメリカのハロウィンとクリスマスはガチです。

思ってる数倍ガチ。

 

例えばハロウィンだったら

・ジャックオーランタン用のかぼちゃをわざわざかぼちゃ農家に選びに行くひとがいる(パンプキンパッチ

・庭先にお墓のモニュメントや、ガチで怖いゴーストの飾り付けをする(そして巨大)

・仮想のレパートリーがガチ(1店舗で100種類以上売ってる。マイクラとかもある)

・場所が病院であろうと怖さ重視の飾り付けをする(病院なのにRIPって書かれたお墓のモニュメントとか、「次はお前だ…」みたいなペインティングはアリなのか??)

・トリックオアトリート、ガチで見知らぬ子供たちが来る

 

クリスマスだったら

・毎年シーズンになるとツリー用のオーナメントが爆売れ。ものすごい種類のオーナメントが出回る。(2020年はワクチンを模した注射器のオーナメントとかが売られてた。かわいさというよりもその1年を振り返るものなのかもしれない…)

・ツリーはフェイクももちろんあるけど、生もみの木を飾る家庭もある(Home Depotとか、わざわざもみの木農家に買いに行くひともいる)

ホワイトハウスも国会議事堂もガチで飾り付けされる

・っていうかツリーが出ないビルある?ってくらい街中がツリーだらけになる

・普通のモールですらサンタグリーティングイベントがあって一緒に写真が撮れる

・庭先に自前のイルミネーションを飾るご家庭が多い(豪邸は特にすごい)

 

といった具合です(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20220111073717j:plain

生もみの木は小さいのであればスーパーでも買える

 

他にも、年間通して11のfederal holidayがあります。

 

盛り上がるなぁと感じるのは

独立記念日、ハロウィン、Thanksgiving、クリスマスですが

ホリデーに関係しないパーティが好きなのもアメリカの特徴。

 

赤ちゃんが生まれる前に妊婦さんをお祝いするbaby showerとか。

卒業パーティもそうだし、まじで何かとパーティするのが好きだよな…って思います。

 

この国の人がどれだけパーティに気合いを入れているかは、

いったんここのパーティグッズ専門店(PartyCity)のページを見てみてほしい…

どんな種類のパーティにも対応できる品揃えなんだそうです…

 

www.partycity.com

 

f:id:kyoumix:20220111074428j:plain

Dollar Tree($1均一)もこの品揃え。これだけあっても、クリスマス直前になるころにはほとんど売れてしまいます

 

せっかくアメリカに住んでいるのであれば、

予算と時間が許す限り、目一杯、どっぷり楽しんでみるのもいいと思います!

 

 

⑩EADを取って働く

 

最後にややハードルが高くなりますが、

EAD(労働許可証)を取ればアメリカでも働くことができます。

 

わたしはF-2ビザという、留学生の家族を対象にしたビザなので

残念ながらEADの取得はできない(切り替えも難しい)のですが、

J-2ビザという、研究留学などの家族を対象にしたビザであればEADが取得でき、

実際に働かれている方も何人もいます。

 

働く、といっても十人十色で、

オフィスで、という方もいれば

ファストフード店やレストランでアルバイト、という方も。

 

ESOLに通ってみて感じたことですが、

英語そのものがつたなくても働いている外国人はたくさんいるので、

もしかしたら働くこと自体のハードルはそこまで高くないのかも。

就職先を見つけるのにコネはいるかもですが。

 

わたしもアメリカで働いてみたい〜〜〜〜!

 

 

 

おわり!

 

渡米直後の自分に伝えたい、

アメリカ生活でやることのアイディアを10個書いてみました。

 

正直なところ、アメリカ生活はすごくお金がかかるので

それぞれに予算が許せば、という枕詞は外せませんが

特別な投資をしなくても楽しめるイベントやアウトプットの方法があるのは事実です!

 

特にESOLは無料だったので助かりましたし、

ハロウィンやクリスマスを楽しむのも雰囲気だけなら無料…ってことで

お金をかけすぎなくても十分楽しむことはできると思います。

 

どなたかのご参考になれば嬉しいです!

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

また次のブログでお会いしましょう(/・ω・)/

 

アメリカ2年目の総括、3年目の抱負(`・ω・´) 2021→2022

 

どうもkyoumixです(/・ω・)/

あけましておめでとうございます!

 

実は年越しは病院で迎えてました。

年の瀬に入院と手術してました。ははははは

 

ドクター、ナース、スタッフさん、そして夫くんの尽力と

幸運が重なって

全てが無事に終わりました!

 

事の顛末についてはもう少し落ち着いたら書こうと思います(/・ω・)/

命に関わるような病気ではなかったのと、

いまは(メンタルが)超元気なのでご心配なく。

 

 

クリスマスは夫の院生仲間とスペシャルゲストと一緒に

でっかいハムを食べるパーティをしました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20220103053341j:plain

9ポンド(約4.5kg)もあるでっかいハム!!!

 

f:id:kyoumix:20220103053522j:plain

ミネストローネにエビドリア、クルトンのせサラダもご一緒に(^ω^ ≡ ^ω^)

 

こんなでっかいハムが食べれるなんて幸せでした(^ω^ ≡ ^ω^)

アメリカ感強め!

 

 

イルミネーションなんかも見に行って

ホリデーを楽しみました(そのあと入院したけど(´・ω・`))

 

f:id:kyoumix:20220103053800j:plain

Wheaton Brookside Gardensのライトアップ!入場料はおひとり$12くらい

 

f:id:kyoumix:20220103053916j:plain

お気に入りの一枚。ロマンチックじゃない!?!?(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

さて、今年の1月で渡米してちょうど2年になります。

あっという間だなぁ〜〜〜

 

2020年の年末にも振り返りをしたのですが

今回も節目という事で振り返っておこうと思います(/・ω・)/

 

↓1年目の総括はこちら

kyoumix.hatenablog.com

 

 

 

 

 

アメリカ生活2年目:やったこと、頑張ったこと、身につけたこと

 

1年目のアメリカ生活をおおまかにまとめると、

「渡米直後の興奮→心が折れかける→"普通の自分"を取り戻す」

っていう、

テンションの中の下を行き来する感じの1年だったんですけど、

 

2年目はアメリカ生活の基盤(主にメンタルと慣れ)が整ってきたこともあって

自分の好きなことをやったり、

新しいことにチャレンジできた1年だったかなと思います(/・ω・)/

 

簡単にですがイベントを書き残しておきましょう

 

 

3〜5月:一時帰国を目一杯楽しんだ

 

まるっと2ヶ月、ガッツリ帰国して

かなり元気チャージできました。

 

やっぱり、友達や家族に会えるってサイコーだし

食べ物は美味しいし

日本にいるっていう安心感がハンパじゃない。

 

こんな数行では書き表せないんだけど…一時帰国ってまじで…ありがてぇんです…

 

↓一時帰国時の喜びや、

出入国(当時時点)の経験談はこちらにまとめてあります

kyoumix.hatenablog.com

 

 

コロナ禍の一時帰国には日本国内からも在米界隈からも賛否両論ありますが。

 

人の往来が少ないに越したことはないので

タイミングを見極めるのは重要だと思います。

だだ、日本に帰りたい人にはそれなりの事情があって、

それなりの覚悟と準備をして帰国を決めている人がほとんどだとも思います。

 

だから条件やルールを守って帰国する分には、

それ以上外野がとやかく言えることはないかな、というのが私の意見。

 

あぁ〜〜〜〜〜

本当はすぐにでもまた帰りたいのだけど

オミクロン株の状況や出入国の混乱を見ていると

どんなに早くても次は夏かな…。

 

早くパンデミック終わってくれ…(´・ω・`)

 

 

6月&12月:コロナワクチンを3回目まで打った

 

6月に1回目&2回目を打ち、

年末にブースター(3回目)の接種を済ませました!

 

ワクチン接種のペースが早いアメリカでは、

夏のイベントなどはほぼノーマスクで行われ

束の間の開放感を味わうことができました。

 

f:id:kyoumix:20220103064547j:plain

7月に行ったCultural Food Festival(Alexandria, VA)。密!!&ノーマスク!!

 

f:id:kyoumix:20220103064647j:plain

8月末、実は大谷翔平を見に行っていた(^ω^ ≡ ^ω^)エンジェルスvsオリオールズ

 

f:id:kyoumix:20220103064742j:plain

ボルチモアの歴史ある球場(Camden Yards)。この密度で、ほぼほぼノーマスク観戦。

 

ワクチンは1〜3回目までファイザーだったのですが

幸い、ブースターの副反応はほとんどありませんでした。

(夫も同じく3回ともファイザーだったけど、腕が少し痛むくらいで発熱などはなし)

 

3回目も2回目くらい辛かった、っていう人もいるから

本当に個人差あるね…(´・ω・`)

 

日本でもブースターがすばやく、十分に供給されますように。

 

 

5月〜:車の運転ができるようになった

 

マジでもともと出来る人からしたら

「それ!?」って感じだと思うのですが(^ω^ ;≡; ^ω^)

 

ゲームの操作とかすごく苦手なわたしにとって

車なんてただの凶器たるものでしかなく…

 

ただでさえ運転が荒い人が多いアメリカで運転するなんて、と

ビビり散らかしていたのですが、

 

いざ練習してみたら日本よりも断然運転しやすい!

道が広いし、歩行者・自転車がほっとんどいないので

車間をしっかり取って、スピードを出し過ぎなければ

大丈夫そうだ、ということがわかりました( ˘ω˘ )

 

f:id:kyoumix:20220103070250j:plain

1人で車で30分くらいあるBethesdaという街まで行って帰ってきたとき。
無事に運転できたのが嬉しすぎてパーキングの写真撮った。

 

私にとっては運転ができるようになったのも大きな進歩なのですが、

 

それに付随して

「ちょっとした用事なら自分だけで済ませられるようになった」

という変化がより重要だったと思います(/・ω・)/

 

運転ができない間は

ただただ近所のモールでウインドウショッピングをしたいとかっていう、

そこまで大した用事じゃなくても

夫に付き合ってもらうか、諦めないといけなかった(´・ω・`)

 

夫に時間を割いてもらうのも申し訳なかったし、

いちいち夫の都合を確認しないと予定が立てられないのも

ややストレスだった(´・ω・`)

 

車が運転できるだけで世界が変わる(`・ω・´)フンス

自立への第一歩(`・ω・´)フンス

 

 

8月〜12月:ESOLと英語学習…ひたすらしゃべる!

 

一時帰国から帰ってきたあと、

いよいよ英語を話せるようになりたいな、という決心が固まり

コミュカレのESOLに通ったり、

自分で文法の問題集を解いたりして

英会話の習得に力を入れました(`・ω・´)

 

※ESOL…English for Speakers of Other Languageの略。

英語を外国語として学ぶ人のための学校のこと。

 

 

↓ESOLに通うまで&通ってからの話はこちらにまとめてあります

kyoumix.hatenablog.com

 

f:id:kyoumix:20220103071823j:plain

とりあえず理解できてなかった部分を一通り復習しました(^ω^ ≡ ^ω^)
この本、自習向きで割とオススメです。

 

f:id:kyoumix:20211221011943j:plain

英語の勉強ノート。ESOLの板書などなど。気づけば3冊目に突入〜〜



大学まで英語を勉強していたものの、

やっぱり文法への苦手意識があったので

まずはそれを復習しました(えらいなぁ〜〜〜)

 

その後、ESOLのクラスに入って、

とにかく英会話の実践!!!っていう感じの流れ。

 

ESOLに入って感じたことは、

「とにかくしゃべらないと、しゃべれるようにならない」

「英語は特別なスキルではなく、生活するために当たり前に"使う"もの」

だということです(/・ω・)/

 

メリーランドは日本人が比較的多い地域なので

日本語でも十分情報収集ができちゃうし、

普段の買い物くらいだったら英語がなくても生活できてしまうのですが

 

ESOLに入って、

アメリカで仕事に就くために、

あるいは学位を取るために英語を習得しようとしている

他の国の学生とコミュニケーションを取る事で

まず「英語」そのものへの考え方が大きく変わった、というのがあります。

 

f:id:kyoumix:20220103073538p:plain

何に使えるかわからないけど、
とりあえず発行してもらったMontgomery Collegeの学生証(^ω^ ≡ ^ω^)

 

とにかく生きるために使う、

話すだけだ、って夫の大学院のクラスメイト(留学生)やその家族も言ってたなぁ。

 

会話のレベルはまだまだだけど、

簡単な疑問文なら作って聞けるようになってきたと思う。

(Is it possible...?とか、Where can I get...?とか)

 

とにかく聞く、話す…というより、

「使ってみる」時間を作れたことで

英語での会話に慣れてきました。

 

おかげで、ESOLの集まりも楽しく過ごせたし、

美容院でも美容師さんと小一時間話せたし、

夫の大学院のパーティ(たまに指導教官の家で開催される)に行ってもなんとか何かを話せるし、

病院での受け答えもある程度は1人でできるようになりました。

 

2021年の目標の1つだった「英語での雑談」は

ほとんど出来るようになった、って言っていいんじゃないかな…?!?!

(早い…?!)

 

 

1年かけて:イベントや行ってみたい場所を探すのがうまくなった

 

2年目だから、というのが大きいのですが、

ホリデーやイベントごとの年間スケジュールがなんとなく頭に入った状態だったので

「今年はここに行ってみよう!」っていう予定が立てやすかったです(/・ω・)/

 

結局、今年は旅行にはいけなかったけど、

美術館や地元のタコス屋さん、コーヒーショップなどにちょくちょく出掛けられました

 

f:id:kyoumix:20211221011836j:plain

近所のコーヒー屋さん。雰囲気が良くてとても好き〜美味しい〜

 

在米日本人の方のSNSなどももちろん参考になるし、

AlexandriaやDCの観光スポットを紹介してる公式のインスタとか、

地元の写真家とか

グルメ系インフルエンサーの投稿にめっちゃ影響されてる(^ω^ ≡ ^ω^)

 

年末はイルミネーションも見にいけたし

そういうちょっとしたイベントに行けるのは楽しいですね(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20220104004613j:plain

ホワイトハウス前の各州のツリー。こういうホリデー感あるイベント楽し〜〜

 

 

アメリカ3年目の抱負、目標にしたいこと

 

いよいよ3年目〜〜〜!

ってことで、2022年頑張りたいことを書いていきます(`・ω・´)

 

 

ハイウェイに乗れるように…

 

運転は出来るようになったんですけど、

ハイウェイがいかんせん怖くてまだ乗れてません(´・ω・`)

 

怖いんすよ…

ウインカーなしで2車線くらい平気で車線変更する車とかいるし

追突事故多すぎるし

動物倒れてたり、障害物落ちてたり(普通の道路もだけど)

 

とはいえここはアメリカ、めっちゃ広いので

旅行するにも用事を済ませるにも

ハイウェイを使えたらめちゃくちゃ便利…

っていうかハイウェイ前提の交通網…

(ちなみにアメリカのハイウェイは基本的に無料です)

 

ニューヨークだったらメリーランドから片道4時間、

フロリダだったら片道14時間…

アメリカを去る前には西海岸までロードトリップなんかも憧れるし!

 

夫婦でそれなりに運転できるというのが最低条件かなと思うので

今年は頑張って鍛えたいと思います…(´・ω・`)

 

 

旅行した〜〜〜い

 

2021年の目標に掲げていた州外旅行はできずじまいでした(´・ω・`)

 

本当はニューヨークとボストンに行く予定があったんですけど

諸々あってキャンセルせざるを得なかった(´・ω・`)

 

今年も行けるかわからないけど、

行ってみたい!と思ってる場所は

 

・ニューヨーク(行ったことあるけどブロードウェイはまだ!)

・フロリダ(ディズニーランド行きてぇ〜〜〜〜高そう〜〜〜〜!!)

・Cherry Springs State Park(めっちゃ星が綺麗に見える公園なんだってさ!!!)

・カリフォルニア(西海岸に降り立ってみてぇ〜〜〜)

・ハワイ(ベタかもだけど行ったことない)

・ナイアガラの滝(やっぱりすごいんでない??)

・グランドキャニオン(ここもやっぱりすごいんでない???)

ヨセミテ国立公園(ハイキングは好きくないけど、絵画みたいな景色、見てみたい〜〜〜!)

 

国外だと

カンクン

・ヨーロッパ(ざっくり)

・モスクワ&サンクトペテルブルク(ロシア語少し勉強してたから)

マチュピチュ(人生でいつかは…)

 

あたりかな!!!

 

f:id:kyoumix:20220104001743j:plain

オーロラも人生で1回は見てみたいよね〜〜〜(写真はSAAMで見た絵画)

 

もしコロナ禍じゃなかったら、

夫の学会発表にくっついてちゃっかり旅行っぽいことができたのかもですが

残念ながら当分の間オンラインですので(´・ω・`)

 

夫も学年が上がって、研究がますます忙しくなってきていて

なかなか時間が取れそうにないのと、

正直予算の面で「ウッ(゚ω゚)」ってなることが多いのですが

 

アメリカが国内のうちに

どこかには行けるといいな…(゚ω゚)

 

 

 

英語でもっと雑談する、正確に情報を伝える

 

2年かけて英語を使うことには慣れたけど、

コミュニケーションを深めたり、

いざというときに自分達の身を守るためには

もっともっときちんと英語を話せないと、と感じる場面が多くありました。

 

 

・雑談の幅を広げたい

 

少しできるようになってきたけど、

どうしていいかわからないときに会話が止まってしまったり、

ニコニコしてやりすごしたりすることが多かったから

語彙を増やして話題の幅を広げたい(´・ω・`)

 

このあいだこんなことがあってさ…

このあいだこんな場所に行ってさ…

こんなことで悩んでてor頑張っててさ…

みたいなエピソードトークができたら最高(´・ω・`)ニホンゴデモデキナイ

 

 

・正確に受け答えする

 

本当に何回も間違えるんだけど

Yes/Noの受け答えがめっちゃむずい。

 

Do you have any allergy?(アレルギーはありますか?)

→No.

 

は答えられるのに、

続けて

 

Any surgery?(手術経験は?)

って略して聞かれるとうっかり

→Yes.

 

って答えちゃう。

(手術経験はなかったから答えはもちろんNoなんだけど)

 

「手術経験は"ありませんよね?"」ってテンションで聞かれるから

「はい」って答えたくなっちゃうんだけど

「いいえ、ありません」なんだよね、答え方は…

 

入院中何回も間違えた…

 

あと、お店で買い物するときに店員の話を相槌をうって聞いてたつもりが

いつのまにかそのブランドのクレカを作りたい人だと勘違いされて

案内されそうになって面倒だった、ってこともあった。

 

Ah-haは肯定(ほぼYes)の相槌なので、

というかそもそも、英語は日本語ほど相槌を必要としないそうなので

意思判断をした、とうっかり勘違いされないように気をつけよう…(´・ω・`)

 

Yes/No以外に

Sure. / Right. / Of course. みたいな返事のレパートリーも増やしたいでつ。

 

f:id:kyoumix:20220104001452j:plain

英語で本読んでみよう!と思って
ハリーポッター買ってみたんだけど全然進まない(´・ω・`)むずい(´・ω・`)

 

 

アメリカの社会」をもっと理解する

 

なんか変な目標(´・ω・`)

 

もはやアメリカはわたしにとって海外でも観光地でもなくて

生きる場所なので

もっとアメリカという国の仕組みを理解したい(´・ω・`)

 

 

アメリカってどんな国なんだろう…

 

身近なところでいうと医療制度とかもそうだし、

社会保障制度とか、法律とか。

アメリカに住んでいるひとがどんな条件で暮らしてるのかは興味がある。

 

政治の話は正直よくわかりません(´・ω・`)が

常識的な範囲では勉強しておきたい(´・ω・`)

 

1月末からESOLの延長で、

English for American Workplaceという

アメリカで仕事を得るために必要なこと(レジュメの書き方とか)と英語を教えてくれる講座を取る予定なので

アメリカで働くことについて

ざっくりイメージがつかめればいいなぁと思ってます。

 

わたしのビザ(F-2)は

EAD(就労許可証)が取れないビザだから

留学帯同中に実際に働くことはしなそうだけど、勉強になりそう〜

 

※J-2っていう研究留学(?)の帯同者ビザはEADが取れるんだけど

Jビザにするには奨学金とか雇用の条件とかが諸々違うみたいなので

うちは難しそうなのですよ。

 

 

・少しでも交渉できるように

 

日本と違っていろんなことに交渉の余地が残されているのがアメリカ、

だと思ってる。

 

というか、みんながみんな適当に動いてるから

消費者に全部しわ寄せがくるというか(´・ω・`)

 

日本が融通が効かないという意味ではなくて、

アメリカが適当すぎるから、

いざというときに損しないように交渉力を鍛えたい、というイメージ(´・ω・`)

 

f:id:kyoumix:20220104001309j:plain

アメリカあるある:ファストフードでもらえるソースが多すぎる(Taco Bell)

 

例えば去年は、家賃が上がるよって通知されたとき、

大家に文句言いにいったけど、結局丸め込まれてしまった(?)りとか、

(そもそもこちらに取り合う気などない感じの上司だった)

 

車に締め出されて鍵業者を呼んだときもそう、

MVAで不要な年数の免許更新料を請求されたときもそうで、

いったんは食い下がったものの、最終的には

一方的な請求額に応じないといけなかったのが悔しかった(´・ω・`)

 

kyoumix.hatenablog.com

 

もともと交渉の余地が少ない案件だったのかもしれないけど、

不当だな、と感じる要求にはきちんと異議を申し立てたいし、

知らず知らずのうちに搾取されていた…なんてことは避けたい(´・ω・`)

 

そもそも、信頼に足る業者とだけ付き合えたらいいんだけど

貧乏人にそれは厳しい(特にアパートは選択肢が少なすぎる)

 

これはたぶん知識と経験の蓄積が必要で、

英語の問題だけではないので

上に書いたようにアメリカという社会への理解を深めながら

その都度戦えるように準備していきたいです(´・ω・`)

 

しょんぼり多め(´・ω・`)

 

 

 

おわり:2022年もよろしくお願いします!

 

f:id:kyoumix:20220104015427j:plain

筆者近影:2022年もエンジョイアメリ

 

簡単に振り返るつもりが長くなった〜〜〜!

 

とにかく2年目はいろいろあったけど充実した1年だった!

3年目は、より社会的に(?)行動範囲を広げられるように頑張りたいな〜〜〜

 

メリーランドでの生活はあと2年くらいの予定だけど、

夫の就職先次第では

アメリカの別の州に住み続けることになるかもしれないし、

全然別の国(ヨーロッパやアジア)に引っ越すかもしれないし、

日本に戻るかもしれないし、

まったくわからない(^ω^ ;≡; ^ω^)

 

どこに行ってもそれなりに自立して行動できるように

今のうちに運転と語学は鍛えておきたい、という気持ち(^ω^ ;≡; ^ω^)

 

トラブルがいつ起こるかわからないし

人生ってホントにいろいろあるから

準備のしようはないけどね(^ω^ ;≡; ^ω^)ヘヘヘヘヘ

 

 

 

ちょっと話が逸れちゃったけど、まとめとしては、

留学帯同生活、いまのところとっても楽しいです!

 

今年も「メリーさんのひつじ日記」とkyoumixをよろしくお願いします!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

また次のブログでお会いしましょう(/・ω・)/

 

ゴッホとESOLと免許更新とツリーとM-1の12月

 

どうもkyoumixです(/・ω・)/

 

今年も残すところあと10日ほど!

あっという間ですね〜、って、毎年言ってるような気がしますが( ˘ω˘ )

 

12月はイベントが盛りだくさんでした!(まだ終わってないけど!)

ホットなうちに書き残しておきたいので今回はごちゃまぜ総集編ブログです

 

 

 

 

 

Van Gogh Exhibition: The Immersive Experience

 

f:id:kyoumix:20211221011911j:plain

The Starry Night(星月夜)

 

以前からSNSなどで見かけて気になっていたゴッホ展。

調べてみたらDCでもやっているとのことで、行ってみました!

 

その名の通り、ゴッホの世界観に入り込むというコンセプトで

絵画そのものを楽しむのではなく、

プロジェクションマッピングや立体物の展示などで

没入感を味わう、という展示方法でした(/・ω・)/

 

f:id:kyoumix:20211221012011j:plain

「ひまわり」シリーズ

 

f:id:kyoumix:20211221052109j:plain

浮世絵に影響を受けたよーみたいなとこ

 

ゴッホの作品はなんとなく暗〜いイメージがあったのだけど

実は彩度が高い、brightな色使いが特徴なのだ、ということがわかりました( ˘ω˘ )

(それは、実はゴッホ色盲で、そうでもしないと色の区別ができなかったから、という解説ビデオをみました)

 

1番の目玉はたぶん、四方がプロジェクションマッピングで囲まれた部屋。

 

f:id:kyoumix:20211221012031j:plain

プロジェクションマッピングの部屋。ひまわり。

 

ゴッホの作品がコラージュされたアニメーションが次々とテーマを変えて流れていて、

ビデオが一周するのに20分くらいあった気がする。

 

確かにインパクト大!

部屋に入った瞬間に、ぶわっと光と音に囲まれる感じ。新鮮でした(/・ω・)/

 

塗り絵コーナーも。

(何種類かのテンプレートとクレヨンが置いてあって、

各々の感性でゴッホの絵を自由に塗れる)

 

f:id:kyoumix:20211221012023j:plain

みんなの塗り絵が壁一面に貼ってある

 

VR体験もあったんだけど別料金なのでスルーしました( ˘ω˘ )

 

プロジェクションマッピングでの展示が新鮮で見応えありました!

 

ただ、入場料金がいかんせん高くて(予約手数料などを含めて2人で$82)、

展示内容のボリュームからすると割高かなぁ…という印象。

 

絵葉書とかも1枚$16とかで(なんでやねん)

買えなかった〜(´・ω・`)

 

でも行けてよかった!

 

f:id:kyoumix:20211221052604j:plain

美術館、というよりはイベントスペースみたいな会場でした

 

 

ESOLの3期目を修了!

 

f:id:kyoumix:20211221011917j:plain

Advanced Classの教科書

 

夏から通い始めたMontgomery College(地元のコミュカレ)のESOLの、

3セメスター目を終えました!

 

Intermediate(中級) 1、Intermediate 2、ときて

今回はAdvancedクラスでした。

 

f:id:kyoumix:20211221011937j:plain

なかなか分量のある記事を読んだりします(これは学歴と収入の相関についての記事)

 

今回は先生がすごくノリがいいというか、

クラス内のコミュニケーションを促してくれるひとで、

普通はしないけどESOLの学生が全員参加する

WhatsApp(アメリカ版LINEみたいなやつ)グループを作ってくれたり、

 

in-personでの受験が必要な学力テストの日程をクラスで合わせて

みんなで会いましょう!って提案してくれたり。

 

そもそもオンラインクラスなので

促されなければビデオをオンにすることもない(=お互いの顔を知らないで終わることもある)のに

今回だけはクラスのみんなの顔と名前をばっちり覚えられて、

もう友達じゃん、ってレベルにまで引き上げてくれました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20211221013521p:plain

テストの日にキャンパスに集まってオフ会っぽいことをやりました

 

今回のクラスは

中国、韓国、エルサルバドル、ペルー、ブラジル、イラン、エチオピア、ハイチ、

そして日本という取り合わせ。

 

Intermediate 1のときは8割がラテン系(ほぼエルサルバドル)で

残り2割がアフリカ系(カメルーン)って感じだったので

雰囲気がかなり変わりました。

 

6週間のクラスの間でグループプレゼンが1回と

個人プレゼンが1回あって、

大学時代に英語でのプレゼンにトラウマを植え付けられた自分としては

その悪夢を払拭する絶好の機会となりました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20211221012806j:plain

韓国のクラスメイトが持ってきてくれたお菓子。とんがりコーンみたいで美味しかった!

 

正直このクラスの中だと全然話せないほうだったと思う。。

文法や読解問題は大学までの経験があるからそれなりにこなせるけど、

家庭では日本語しか使わないから

雑談するのがすっごい難しかった!

 

普段からバイト先とか家庭で(パートナーが英語話者だったり、子供とは英語を使うような人が多い)英語を使ってるって人の方が

だんぜん、話すスピードも早いし、具体的なエピソードを交えておしゃべりしてくれるという。

だけどそういう人でも文法や読解ではつまづいてて

すごく不思議でした。

 

アメリカで生活するにあたって英語を習得するには、

知識よりも圧倒的に話す時間を持つことが重要なんだと思いました(/・ω・)/

 

f:id:kyoumix:20211221013535p:plain

集合写真!センターに入れてもらった(^ω^ ≡ ^ω^)ww

 

あーたのしかった!

今期もやりきった、ってことに達成感もあったし

自分の英語で今後伸ばさないといけない部分も分かったし

頑張ってよかった〜( ˘ω˘ )

 

次回のクラスは1月末から。

もちろん楽しみだけど、

クラスの充実度は先生のスキルに著しく依存するので(前回はくっそつまんなかった)

やや運要素強め(^ω^ ≡ ^ω^)

 

いい先生とクラスメイトに出会えますように!

 

 

 

2回目の免許更新を終える

 

f:id:kyoumix:20211221011923j:plain

MVAの待合室

 

1年前に更新したばかりですが

ビザの条件のせいなのか、期限が1年しかなかったので

今年も更新に行ってきました(/・ω・)/

 

前回はビクビクしながら行ったけど、

今回は必要なものも手順もだいたいわかってたから

1人でも落ち着いて手続きできました(`・ω・´)

 

 

★免許更新にあたって

去年の自分のブログが役に立った(^ω^ ≡ ^ω^)

kyoumix.hatenablog.com

 

 

謎だったのは新しい免許の有効期限。

前回そうだったから今回もどうせ1年分だろう、と思ってたら、

「8年分の更新になるから$6×8年分で$48払って」と。

 

(^ω^ ;≡; ^ω^)

 

なにが起きたん…

わたしのビザ、あと2年やそこらで切れるんだけど…

 

理由を聞いても

「システム上そうなっちゃってるの。他にオプションがないわ」の一点張り。

 

ビザの有効期限より長いなんておかしいですよ、

納得できません、って話してみたけど

どうにもならず…$48(約5,000円)払いました。

ちなみに州外に引っ越しても返金はないらしい。

 

MVAは毎回モヤっとして終わるんだよなー。

superviserを出せ、って言ってみてもよかったのかなー。

 

ともあれ、メリーランドにいる間は

もう免許更新でMVAに行かなくてもいい!これはいいこと(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20211221062343p:plain

ビザよりも長く使える自動車免許、ゲットだぜ!!

 

 

D.C.のクリスマスツリーめぐり

 

今年もいってきました〜!

 

f:id:kyoumix:20211221011951j:plain

ホワイトハウス前のThe National Christmas Tree 2021バージョン!

 

去年と同じようなコースで、

Union Station(メトロのターミナル駅)→US Capitol(国会議事堂)→

D.C. Christmas Holiday Market→City Center D.C.(高級ブランド街)→

The National Christmas Treeをめぐりました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

飾り付けはほとんど去年と一緒だったけど

やっぱねー、季節感を味わうのが楽しいんですよね(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20211221012016j:plain

カナダ大使館のツリー

 

途中、Capital Bikeshareというレンタサイクルに乗って

D.C.の街中をサイクリングしたり、

 

f:id:kyoumix:20211221063536j:plain

D.C.のレンタサイクル(貸出$1+1分あたり$0.05)

 

f:id:kyoumix:20211221063622j:plain

中央が自転車専用レーン

 

ホリデーマーケットで休憩がてらチュロスを食べたり、

 

f:id:kyoumix:20211221063657j:plain

ホリデーマーケット!ハンドメイド店とかミニコンサートとかとか。なかなか楽しい。

 

f:id:kyoumix:20211221011905j:plain

チョコレートチュロス($3)!その場でチョコソースを注いでくれるので熱々ホクホク。人生で1番美味しいチュロスだった(^ω^ ≡ ^ω^)

 

充実した1日となりました。

夫くんもわたしも帰りの電車はヘトヘトだったけども…( ˘ω˘ )

 

やっぱりアメリカのクリスマスはいいね!

年末には公園のイルミネーションも見に行く予定なので楽しみです。

 

あと、去年も今年はお昼〜夕方にかけてツリー巡りしたけど、

夜はライトアップされてそれはそれでキレイだそうなので、

来年は夜のツリーめぐりもチャレンジしたい(^ω^ ≡ ^ω^)

 

寒そう(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20211221064137j:plain

ホワイトハウス横にある老舗ホテルのツリー。飾りがぎっしりなのもかわいい〜!

 

f:id:kyoumix:20211221011846j:plain

ホワイトハウスの屋上にはスナイパーらしき警備員が何人もいました(さすが…)

 

 

M-1グランプリ2021

 

今年も終わってしまった…( ˘ω˘ )

今年も楽しかった…最高だった…( ˘ω˘ )

 

わたしはただの素人お笑いファンなので

ネタの感想だなんて恐れ多くて書けませんが、少しだけ…!

 

今年もとーーーーってもよかった!!!

 

 

準々決勝までの予選ネタは今年はあまり見ないようにしてました。

予習しすぎない年があってもいいかなって…

 

フースーヤマユリカ、侍スライス、ダイヤモンド個人的に大好きでした)

フースーヤ、何回見ても最高)

フースーヤ、何回見ても最高)

(大事なことなので2回書きました)

マユリカも毎度大好きです)

 

 

準決勝は配信買って見ました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20211221011851j:plain

キャーーーーッ!

 

超豪華な26組のネタをじっくり見れて数千円って…

お得すぎるしゲラゲラ笑った…

アメリカからでも見られる配信ってありがてぇ…

 

決勝に選ばれた9組は文句なし、って感じでした

その日のウケが正義で、

決勝常連組でも容赦なく落とすM-1ってやっぱすごい

 

ランジャタイ、真空ジェシカロングコートダディとか

もうなんか個人的にほんと好き、めっちゃ好き!ってコンビが上がったのも嬉しかったし

ロングコートダディとか大学時代サークルでみんなでゲラゲラ笑ってたコンビだもんよ)

 

ももがきたのも嬉しかったし

個人的には和牛さんの次に劇場で見た回数が多いであろう

ゆにばーすが上がったのも超嬉しかった!

 

ってことでまじで当日楽しみにしてたんだけど

敗者復活戦も決勝もほんとにほんとに楽しかった…!!!

 

 

敗者復活戦はヨネダ2000、キュウ、ニューヨーク、マユリカさや香が好きでした

ダイタクもそろそろ決勝で見たいよ…!

 

決勝はどの組ももちろん最高だったけど、

やっぱりモグライダーは笑わずにはいられなかったし、

ロコディ兎さんのあの表情には絶対やられちゃうし、

錦鯉2本目のバナナの応酬にはもう…笑うしかなかった(^ω^ ≡ ^ω^)

インディアンスもよかったなー!

 

あぁ〜〜〜幸せな時間だった〜〜〜

毎年毎年、M-1ありきでお笑いが回っているから

他の大会も楽しいけど、やっぱりM-1は格別だな、って毎回思うのなんでだろうなぁ

 

 

しばらく公式のネタ動画で楽しませていただきます(^ω^ ≡ ^ω^)

今年もありがとうございました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

 

おわり:イベントだらけの12月

 

いや〜〜〜〜〜

年末だしホリデーだからか

12月は1年で1番好きな季節ですね(^ω^ ≡ ^ω^)

 

メリーランドではコロナの感染者数がまた増え始めているので、

手洗いうがいを徹底して

引き続きかからないように気をつけよう…

インフルと風邪にも気をつけよう…

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

また次のブログでお会いしましょう(/・ω・)/

 

留学帯同で失ったもの、留学帯同でしか得られなかったもの【反実仮想】

 

どうもkyoumixです(/・ω・)/

 

先週はわたくしのバースデーでやんした!

今年は十の位が増えた☆(^ω^ ≡ ^ω^)ツイニキタ

 

贅沢ディナー食べたの自慢させて(^ω^ ≡ ^ω^)オラオラオラ

 

f:id:kyoumix:20211214044714j:plain

チーズフォンデュ(^q^)

 

f:id:kyoumix:20211214044751j:plain

こちらは鉄板で焼くスタイル(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20211214045021j:plain

ロブスターだってさー!(^ω^ ≡ ^ω^)

 

チーズフォンデュとロブスターが特に美味しかった!

ありがとう夫くん!(これからも一緒に節約頑張ろうね!)

 

当日の朝はESOLもあって、

クラスでもお祝いしてもらいました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20211214065506p:plain

クラスメイトの1人がわざわざ写真に文字入れてくれた(^ω^ ≡ ^ω^)

 

なんとハッピーな幕開け…

今年もいい年になるといいな〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

あなたにとっての「もしもの世界」は?

 

さて、今回は反実仮想をテーマに、

「留学帯同で失ったもの、留学帯同でしか得られなかったもの」

について書きたいと思います(/・ω・)/

 

きっかけはこないだの夫くんとの会話↓

 

「今日さーお世話になってるfaculty(教員)に聞かれたんだけど

(日本でだってPhDは取れるのに)どうしてわざわざアメリカにPhD取りに来たのー?って。

そんで俺が経緯を説明したら、

"君にとってのcounterfactualはなんだったんだい?"

ってさらに聞かれてー…(以下略」

 

counterfactualっていうのはつまり「反実仮想」のことで、

「もしあの時別の選択をしていたら、いまはこうだっただろう」っていう、

「もしもの世界線」のこと。

 

確かに彼にとって留学する/しないは大きな決断だったし

日本に残ってたら得られなかったものや、

逆に失ったチャンスもあるかもしれない。

 

私にとっても、留学に帯同する/しないはひとつのターニングポイントでした。

 

とりあえず渡米から約2年経ってみて、

・日本に残っていた場合の今

アメリカに来る選択をした今

を比べて、

 

留学帯同したから失ったものと、

逆に帯同しなければ得られなかったものについて整理してみようと思います(/・ω・)/

 

 

日本に残っていた場合の今

 

・たぶん、8年目のサラリーマン。

・夫が留学していなければ、彼を引き続き扶養に入れながら仕事を頑張る日々。

・夫が留学していれば、たぶん実家から仕事に通う日々。

・やや残業多め。

 

 

アメリカに来る選択をした今

 

・まさに今の自分。専業主婦。

・ブログとか英語の勉強とか車の運転とか。

・ESOLの学生。

 

 

 

留学帯同で失ったもの

 

・3年半分の業務経験と収入

 

留学帯同期間の3年半(ひょっとしたら延長して4年半)分、

まるっと働けないので

その間の収入はゼロ。

 

働き続けた同期と比べて

生涯年収に少し差はついただろうなとは思います。

日本の友人や同期たち、ぼちぼちマイホームゲットしてるもんね…( ˘ω˘ )

 

あともしかしたら、この2年の間で運がよければ

昇進もしてたかも。同期が何人か上がっているので。

それでも自分はまだな気もするけど。

 

この2年の間でさらに別の部署に移動して仕事の幅を広げてたかもしれないし、

商品企画をバズらせて企画者としてインタビューに答えてたかもかも。

 

ただ、今後のキャリアにおいて絶対的に何かを失ったわけではないというか…

会社を辞めた直後は、仕事ができないことが悔しくて

ワーン(^ω^ ≡ ^ω^)ってなった期間もあったけど

 

この3年半(4年半)、決して無駄ではないというか。

それなりにいいポジションで再就職できる可能性だってゼロじゃないし。

 

うーん、なんとも言えない。

夫の卒業先の進路も日本とは限らないので

不確定要素が多すぎるんですよね…見通しが(´・ω・`)

 

だから楽観的に捉えるようにしてます。

ただ少なくとも帯同期間中の業務経験と収入は

戻ってこない反実仮想の自分だけのもの…( ˘ω˘ )

 

 

QOL

 

日本に残ってた方が間違いなくQOLは高かった(´・ω・`)

 

それは収入の面で、今よりももっと暮らしに投資できたというのもあるし

そもそも日本という国のQOLがデフォルトで高いから。

 

日本のご飯の安さと安全性とおいしさは異常だよ…

 

f:id:kyoumix:20211214061052j:plain

この定食がいつでも1000円ちょっとで食べられるなんてどうかしてる

 

アメリカに来て、アパートの古さにびっくり。

立て付けの悪さにびっくり。

 

安いアパートでは、

ねずみもGも隙間風も当たり前…

今日、我々は新しい電子レンジを注文しました。

いつのまにかGの住処になっていたからです(英訳しやすい文章)

 

日本に残っていたら、

無理のない家賃で(ここが重要)そんな心配からは解放されていたし、

もらいものの家具の寄せ集めではなく、

きちんと選びにいった家具を置いていただろうし。

 

いまは必要最低限+α(心を病まない程度の楽しみ)ができる程度なので

逆に言えば生活そのものを見直せるチャンスをいただけたと言えばその通りなんだけど

 

やっぱり、日本での生活はいいなぁ〜

無理のない生活をしたいなぁ〜(いつかはするぞ〜〜!)

って思うことが多いです(´・ω・`)

 

楽しいけどね(´・ω・`)

 

 

・実家の家族との時間

 

これは全ての海外在住者に当てはまることだと思うのだけど、

家族や親戚になにかあったときに

すぐに駆けつけられない、という

海外生活ならではの弱みがありますよね。

 

両親のサポートを兄弟にお願いしないといけない、とか。

 

わたしの場合、両親は元気だけども、

定期的な通院と治療が必要なので、やっぱり心配です。

 

そんな条件の中、

快く送り出してくれた両親(無理に戻ってこいとも言わない)には本当に感謝しているけど、

同時に申し訳ない思いもあるし、

ときどき様子を見に行ってくれている兄弟にも申し訳ない気持ち。

 

特にいまはコロナで、

一時帰国も気軽にできないのでより怖いというか。

 

コロナ禍だから国内でも気軽には移動できないのは承知しているけど、

片道14時間、隔離あり、検査必須の場所にいるのと、

片道数時間以内でアクセスしようと思えば行けてしまう場所にいるのでは

やっぱり全く違いますよね…

 

もちろん、ある程度は覚悟して渡米したわけだけど、

もし日本にいたらもっと手伝ってあげられるのにな(´・ω・`)

 

 

 

留学帯同でしか得られなかったもの

 

客観的に描写するのがやや難しいのですが

頑張ってみます(^ω^ ;≡; ^ω^)

 

・英語で話す/生活する経験

 

日本にいたら間違いなくなかったであろう経験。

 

どこに行くにしても調べ物は英語でしないといけないし、

問い合わせも英語だし、

スーパーのチラシだって全部英語。

 

生活に揉まれていくうちに語彙も増えていくし、

具体的に「このくらい話せるようになりたい!」っていう

目標設定ができるようになったのは大きかった(`・ω・´)

 

ESOLの授業を取って日常的に英語を使う練習をしたり、

スーパーに返品したり、買い物楽しんだり…

レベルはまだまだ低いけど、

渡米直後に比べたらかなり話せるようになりました(`・ω・´)

 

f:id:kyoumix:20211123020555j:plain

スタバのreusable holiday cupも自分でゲットしたぞ(`・ω・´)

 

日本では、日本語だけで生活できるもんなぁー。

これは当たり前のようで当たり前ではない。

 

エチオピア人のクラスメイトに、

「自分の国で経営学について勉強するには、まず英語を習得しないといけなかった。」

と話されたときは、

いやほんとに、日本語でなんでも情報が手に入る日本って

相当成熟した国なんだよな、って改めて痛感しました。)

 

 

・自己肯定感と妙な自信

 

アメリカに来てから仕事や収入がなくなって

自己肯定感が下がってしまう方(特に主婦)は多いと思うんだけど

私の場合は逆だったというか(^ω^ ≡ ^ω^)

 

退職してこれまでと全く違う環境で生活してみたことで

案外うまくやっていけてるじゃん?っていう妙な自信が…

 

会社にいたころの自分は、優秀な同僚に圧倒されて、

やや気後れ&萎縮してしまっていた部分があります。

 

だってみんなタフなんだもん…

仮に自分の担当案件でトラブルが立て続けに起きても

「わたしは悪くない^^」って主張できる

強いメンタルの持ち主がごろごろいて、

ノリの良い陽キャもいっぱいいて、

なぜか美人と高身長男子が多かった…

 

わたし、ただの陰キャだったのでね…

そこまで気強くないし、

長年働いているうちに自分の外見にも自信がなくなっていったし

大学までに学んできたことにも自信がなくなっていったし…(文化が違いすぎた)

 

会社からしばらく離れてみて、気が楽になって、

いまは自分の見た目が割と好きで納得してるし

大学で学んだことへの誇りも取り戻したし(^ω^ ≡ ^ω^)

 

仕事は大好きだったし天職だったんだけど、

離れてみてよかったこともある、って感じ(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

・車の運転スキル

 

日本でも免許は持ってたけど…

 

わたしが住んでいるメリーランド州は全米では比較的都会のはずなんだけど、

最寄りのメトロの駅まで歩いたら50分くらいかかっちゃうし

バスも20分に一本くらいしかないし(しかも駅までの直通がない)

こういっちゃなんだが…まじで不便(^ω^ ≡ ^ω^)

 

自分で車を運転できれば、夫の都合がつかない日でも出かけられるので、

練習しました(`・ω・´)

 

 

・必要最低限の生活、貧困層としての暮らし

 

悲しいタイトルだな(^ω^; ≡; ^ω^)

 

たぶんほとんどの留学帯同(医療系も含め)のご家庭が

Federal Poverty Levelより低い水準の収入なんじゃないかと思います。

生活の余裕は家族構成や日本での貯蓄の有無にもよるので

一概には言えませんが…

 

嫌味に聞こえたらいやだなぁと思いつつ正直に書くと、

働いてた時はそれなりに収入があったから

無駄遣いもしちゃってたし、価値も分からず高いバッグ買ったりとか。

 

生活が苦しくなって、改めてお金の価値を再認識して、

「生きていくんだ…!」って決意がみなぎった、ような気がする。

 

 

f:id:kyoumix:20211214103122j:plain

DCにあるCapitol(連邦議事堂)。ここにくると、あ、いまアメリカ住んでるわって実感する。

 

 

・「アメリカ」を生きる強さ

 

漠然としてますが、1番はこれに尽きる。

 

日本とはまるで常識が違う…民度のばらつきが大きい。

 

決まってマリファナのにおいがするモール。

交差点の信号待ちの時間にお花を売りにくるおばさんやおじさん。

 

何回もリマインドがあった案内にも平気で質問するクラスメイト。

ウインカーを出さない車、出しっぱなしの車。

 

「ソースちょうだい」っていったら平気で20袋くらい入れてくるファストフード店

「無糖の紅茶です。」と言ってめちゃくちゃ加糖の紅茶渡してくるファストフード店

 

パッケージが破けて中身が出たまま陳列されたシリアル。

賞味期限を過ぎても平気で売られているにんじん。

 

まじで日本の常識では「えー」ってなることが日常茶飯事なのでつ…

 

f:id:kyoumix:20211214102312j:plain

たまごは割れてることがあるから、買う前にパックを開けて確認するんだお

 

この国で生きていくにはたぶん人種と人数が多過ぎて、

「もう最低限のことだけ(法律で決まってることだけ)守るようにしましょうね〜」

ってくらいじゃないとまとまらないようにできてるんだと思う…

 

自衛がとにかく大事。

何かを買うにも、病院にかかるにも、

ちゃんと何が必要で、どんなものを要求したいのかはっきりしてないといけない。

 

日本にいたら、病院は一律3割負担で済むし、

モラルの平均が高いからそもそも変なトラブルは起きないけど、

 

アメリカだと「これが必要」「こうしてほしい」「これが欲しい」って

自分からはっきり伝えないと何も起きない…

逆に、伝えることができれば案外すっと通ったりもする。

 

生活すること、生きることに意識的になれたのは

アメリカ生活のおかげかもしれないなーって最近思いました(/・ω・)/

 

まだ2年しか経ってないけどw

 

 

まとめ:2年で判断するのは早い

 

終わり!

頑張ってまとめてみたけど、どれも漠然としてて意味があったのかっていう(´・ω・`)

 

まぁまだ2年しか経ってないからね…

 

でも留学帯同をするか/しないか判断するにあたって、

この先数年の利益を優先するのではなく、

10年後、20年後への投資だって考えて決めたわけだから

この2年間の良し悪しでメリット・デメリットについて結論を出すのは

早過ぎますね(^ω^ ≡ ^ω^)

 

その答えが夫の就職のときにわかるのか、

それとも10年後なのか、

我が子が成人する頃なのか

死ぬ間際なのか…もうわかりましぇん(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

経済的にも精神的にもハードな帯同生活ですが

そこそこ楽しめているので

この先も楽観的に楽しんでいきたいと思います。

エンジョイアメリカ(`・ω・´)

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

また次のブログでお会いしましょう(/・ω・)/

 

【留学帯同妻の1日】今日という1日をありのままに書いてみたぜ

 

どうもkyoumixです(/・ω・)/

 

いやー、寒くなってきた!

夏よりも冬が好きなわたしとしては

ひんやりとした空気を頬で感じるたびにウッキウキです(^ω^ ≡ ^ω^)

 

12月に入ったので人生初のアドベントカレンダー開封もはじめました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20211202062513j:plain

じゃーん(どうぶつの森の「みせびらかす」コマンドのイメージで)

 

f:id:kyoumix:20211202062522j:plain

じゃじゃーん

毎日開けられるの嬉しいな〜

やっぱ冬っていいよ、うんうん。

 

ちなみにこのロクシタンのカレンダー、日本で買うより若干安いみたいでした。

海外ブランドが日本よりも安く買えるのは、

アメリカ生活のいいところのひとつですね(/・ω・)/

 

 

 

さて、「やべぇ今日はブログのネタのストックがねぇ、どうしよう」

と思っていたのですが、

 

ふと「あれ、最近の行動範囲の広がりには目覚ましいものがあるな」と感じたので

達成感を噛みしめるためにも書き残させていただきます(^ω^ ≡ ^ω^)

 

まぁ大したことはやってないし、

普段はステイホーム&インドア万歳!な人間なので

そこんとこよろしくお願いします(/・ω・)/

 

 

 

 

 

留学妻の1日

 

9:00 起床

 

9:05から始まるESOLをとっているのですが、

オンラインなのでばっちり油断して起床(^ω^ ≡ ^ω^)

 

速攻で歯磨き→お茶用のお湯を沸かして→シリアル&牛乳準備。

そんでビデオをオンにせよ、という方針の先生なので

上だけパジャマからニットに着替えて、

とりあえずZOOMリンクをクリック…

 

ここまでで9:07くらい。

間に合ってない(^ω^ ≡ ^ω^)

 

ただ、先生も前の授業があってたいていは遅れてくるので

大丈夫、ということにしてる(^ω^ ≡ ^ω^)

 

シリアル食べるのは間に合わないので

ビデオをオフにしてかき込み、

食べ終わり次第オンにする、という体たらく…

 

せめてあと5分早く起きれれば余裕なんですが。

その5分が惜しいじゃん、ね…?

 

 

 

9:05〜11:05 ESOL

 

Montgomery CollegeというコミュカレのESOLを夏から取っています。

これで3セメスター目!

 

11月から始まったクラスではadvanced classという、

いちおう、1番上のレベルに入ることができました。

(前回の先生の評価が甘々だったのもある。なぜなら前回は先生の授業があまりにもつまらなくて3週間でドロップアウトしたから…なんで上がったんだ…)

 

今日はまず、先週課題として出された

「健康的な生活の実践」の各自の取り組みをシェアするところから…

 

今やってる教科書のトピックがwell-beingで、

金曜〜日曜の間でできるだけ

・1万歩歩く

・10人前の野菜、フルーツの摂取を意識した健康的な食事

・8杯の水(8 glasses of water ≒ 約2L)を飲む

・8時間以上寝る

を実践しましょう!っていう課題でした(´・ω・`)

 

まぁほとんど達成できなかった(´・ω・`)

 

「3日間で1番健康的な食事をチャットボックスでシェアしてね〜」と言われたので、

土曜に食べたおでんのことを書いたら、

もう1人いる日本人の方と被って

お互いに「www」ってなりました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

先生に「What's Oden!? Udon? Korean noodle?」と聞かれたので、

もう1人の日本人の方と写真を見せたりしながら精一杯説明してみたけど、

先生、おでんには全然興味ない感じで悲しかった(^ω^ ≡ ^ω^)

 

(先生が勘違いしていたUdonについて、

うどんは日本の麺のことだよ、って補足するのを忘れてしまったなぁー。

調べてみたら、韓国語でもうどんはうどん、らしい。

そして確かに、アジアンスーパーで売られている冷凍うどんなどは

ほとんど韓国産だし、Korean noodleと書いてあるので、そう思うのも当たり前かな〜って思いました(/・ω・)/)

 

その後、文法の宿題の答え合わせ(受動態について)や、

歯医者と子供を連れてきた親、という設定でロールプレイをしたり…

 

虫歯でできてしまった穴は、cavity。覚えたぞ。

 

 

f:id:kyoumix:20211207082543j:plain

ワークブックのgrammarの部分。普通に自信満々で間違えたりしてる。satisfiedって形容詞なのかよ…(普通に受動態にした動詞だと思って使ってた)

 

 

 

11:30 お洗濯

 

たまりに溜まった洗濯物を回す…

 

洗濯機は自分の部屋にないので、アパートの地下にあるランドリールームを使うのですが、

洗濯機・乾燥機ともに1回$1.5(150円くらい)かかるので

ギリギリまで溜めてから回す、っていう習慣になってしまいました(´・ω・`)

 

洗濯機は30分、乾燥機は45分かかるので

だいたい終わったのは13時半とか!

 

その間に夫くん授業から帰宅&お昼ご飯を作って、食べました(/・ω・)/

 

 

 

12:30ごろ ランチ

 

今日のお昼はシェルという種類のパスタに、

たまねぎ、ベーコン、

ソースはアルフレッドバジルソースという新顔でした(^ω^ ≡ ^ω^)

 

Trader Joe'sで買ったminced garlic(きざみにんにく)も少し入れてみました。

 

f:id:kyoumix:20211207082500j:plain

見た目的には変わり映えしないパスタ

 

夫と話したこと

M-1の運営が去年の"漫才か漫才じゃない論争"を真正面から扱って

ポスターとかにもしてるけど、そもそもSNSで素人が騒ぎ立てたことを

メディアが抽出して議論させる必要ってあったのかね?」

 

確かにね〜

 

この後、別件でいろいろあってプチ喧嘩して空気悪くなる。

思ったんだけど、家に2人しかいないのに喧嘩すると

マジで行き場所に困るし、あぁ〜穏やかに助け合っていかないとなぁってひしひしと感じる。

すぐ仲直りするんだけども。

 

よくSNSで在米奥さん方の旦那さんへの愚痴を見るんだけど、

アメリカ生活を楽しむうえで1番大事なことは、

「家庭内が円満」であることだよね…とつくづく思う。

 

パートナーに不満が募って、解消できなくなったら

どんなにお金があっても、仕事にやりがいがあっても

しんどいでしょう…

 

夫くんが理不尽にキレたり、偉そうにふるまうするタイプじゃなくて

本当によかったとおもう。

(わたしのほうがピリピリしやすい性格なので、ちょっとごめんねっておもう)

 

 

 

13:45過ぎ 乾燥機ピックアップ&フリータイム

 

そんなこんなで洗濯物が終了〜

洗濯物、これを書いてる夕方時点ではまだ畳んでないや…

夕飯食べたら畳みます…

 

今日、ブログ何書こうかな〜って考えたり、

シャワーヘッド取り替えるならどれがいいかな〜って調べたり。

 

そんでふと、

「あれ、ブラックフライデーで注文したKiehl'sの化粧品、今日届いてるはずなのに届いてない」

に気づく。

 

追跡番号を確認すると、

先週一度届けに来たけど不在だったので、

近くのUPS拠点のお店に届けました☆とのこと。

 

聞いてねぇ〜〜〜〜(^ω^ ≡ ^ω^)

 

そんなメール来てない〜

UPSの追跡を自分で確認しなかったら気がつかないところだったよ〜〜〜〜

 

ってか不在だったんならドアの前置いといてくれて全然いいし、

いつもそうだったジャン☆!

何が違ったんだ今回は☆!(^ω^ ≡ ^ω^)

 

荷物を預かってくれている拠点というのは、

うちから車で10分くらいのところにある

ローカルコンビニということがわかったので、

ちょっくら行ってみることに。

 

ついでに、オンラインで買って試着してイマイチだったH&Mの商品も

お店に返品しにいくことに。

 

 

 

14:30ごろ 荷物ピックアップ

 

夫くんは午後もセミナー(オンライン)に出なきゃっぽかったので、

今日は1人でドライブ(^ω^ ≡ ^ω^)

 

最近、やっとアメリカでの運転に慣れてきました…

といっても、ハイウェイはまだ乗れない(合流が怖すぎて)けど…

ハイウェイを避けてなら、

Bethesdaといううちから30分くらいのところにあるおしゃれタウンにも

1人で行って帰ってこれるようになりました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

1人で行くとpublic parkingのチケット買うのとかもドキドキ(^ω^ ≡ ^ω^)

 

コンビニに着いて、

店員さんに名前名乗ってID見せたら秒で荷物渡してくれました。

セクシーセンキュー!

 

 

15:00ごろ H&Mで返品&T.J.Maxxを物色

 

そのあとはご近所のモールへ。

 

H&Mで微妙だった服を返品。

アメリカのリターンポリシーは日本よりもゆるくて、

お店にもよるけどレシートがちゃんとあれば、

不良品じゃなくても返品できる。

 

今回はオンラインで注文したから試着もできなくて、

届いてみたの着てみたらイマイチだったんだよな〜

ってことで2着ほど返品しました。

(日本でもオンラインショッピングなら返品って簡単なのかな?)

 

担当してくれたレジの店員さんがフレンドリーで、

「このカーディガンかわいくな〜い?微妙だった〜?」って。

 

うーん、なんとなく素材感が気に入らなくて、って言いたかったんだけど

”素材感”ってどう言ったらいいのかわからなくて、まごついてたら、

 

「オッケー、なんとなく気に入らなかったのよね、わかるわよ」

って言われた(^ω^ ≡ ^ω^)

 

店員さん、中国出身だったらしい。

 

店員「もしかして日本から来たの?」

わたし「そうそう、日本からです!」

店員「わたしは中国から。ここにきてどれくらい?」

わたし「2年くらいかなー」

店員「わたしは4年くらい。でも最初の2年が1番大変だったわ。」

わたし「だよねー!最初はねー…」

店員「車とかも運転できるようになった?」

わたし「なったなった〜^^」

 

こんな感じの会話(^ω^ ≡ ^ω^)

うまく聞き取れなかったけど、

途中で「よかったら電話番号交換しない?」的なことを聞かれた気がする…

うやむやにしてしまったが…

 

アメリカに来て、英語を習得して、

店舗で(バイトだったとしても)働いてるってすごいことだよなぁ〜。

もうちょっと話聞けばよかった。

 

ちなみに店員さんとお客さんの会話が弾んでしまうことはよくあることで、

どんなにレジが混んでてもおしゃべりしてる人たちはよく見かける(^ω^ ≡ ^ω^)

今日は誰も並んでなかったけど。

 

 

 

せっかくなのでT.J.Maxxにも。

 

T.J.Maxxというのはあらゆるジャンルの型落ち品を安く売ってるチェーン店のことで、

定価だったら$8のものが$5くらいで買えたりする。

 

今回のお目当ては

アメリカ式の缶切り(くるくる回すとアルミを切れる)

・スケジュール帳

・シャワーカーテン

 

どれもちょうどいいのが見つかりました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20211207082531j:plain

本日の戦利品

 

f:id:kyoumix:20211207082526j:plain

こんな感じで少し安く買えます(太字がこの店舗での値段、compare at...って書いてあるのが元の値段)

 

f:id:kyoumix:20211207082433j:plain

エコバッグがちょっと可愛かった

 

 

16:00ごろ Giantへ

 

最後にその近くにあるGiantというスーパーへ。

牛乳、シリアル、ソーセージ、ピザ用チーズだけ買って帰宅。

 

たまごも買うつもりだったのに、今日に限ってもぬけの殻だったよ!(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20211207082447j:plain

いつもは棚パンパンなのに!!月曜日だったからか…

 

帰りがけに、後部座席のドアが開いたまま発進した車を見かけたり

(中からキャー!って声が聞こえた)

スクールバスの群れを先導するパトカーにビビったりしました。

 

アメリカにきてすぐの頃はロックダウンしてたから見かけなかったんだけど、

最近になって16時すぎとかに外に出ると、スクールバスを見かけるようになりました。

 

一気に十数台とかっていうスクールバスが出てきて、

それをパトカーが先導。

交差点では係の人が他の車を止めていて、

一瞬だけ、スクールバス最優先な空間になる。

 

スクールバスが乗降中のときには

他の車、スクールバス抜かしちゃいけないし、

スクールバスの優先度、かなり高いってことが最近になってよくわかりました(/・ω・)/

 

 

 

17:00ごろ 帰宅〜今に至る

 

ブログ書いてます。

 

まじであれだ、

書き出してみるとそう大したことはやっていないし、

これが日本での出来事だったら、本当に普通にできることなんだけど、

 

1人で運転したり、

荷物をピックアップしたり、返品したり、買い物したり…っていうのは

 

最初の1年では絶対できなかったことなので、

成長したなぁ、と思いました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

アメリカの景色に慣れて土地勘がついたことと、

ESOLなどで英語を話すことに慣れたのが大きいです。

 

メンタルはそんなに強い方じゃないし(^ω^ ≡ ^ω^)

英語だってろくに話せてないけど(^ω^ ≡ ^ω^)

 

慣れたとしか言いようがないですね(^ω^ ≡ ^ω^)

へへへ(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

f:id:kyoumix:20211207082536j:plain

受け取りに行ったKiehl'sの化粧品と新しく出ていたCheerios(シリアル)を添えて

 

 

たぶん、今日のこの後の流れ

 

19:00 日本時間の朝9:00に合わせてブログ公開(予約投稿)

 

今日の晩御飯は麻婆豆腐のつもり。

 

20:00 夕飯後、たぶんESOLの宿題

 

今日の宿題はワークブック2ページ分。

30分くらいで終わるはず。

 

21:00以降 だらだらしたり、ゲームしたり

 

完全にだらだらするか、調べものするか、

YouTube見るか、夫くんに時間があればJUDGE EYESのラストをやると思う。

 

JUDGE EYESというのはキムタクが主人公のPS4のソフト。

たぶん、ラストスパート。。。最後が気になる!

 

セールで続編(LOST JUGDEMENT)も買ったからね…!

楽しみだね…!

 

24:00くらい 寝る

 

 

 

ざっとこんなもんでしょう!!

 

 

 

まとめ:比較的アクティブな1日だった

 

留学帯同でアメリカに来た主婦の1日を綴ってみました。

これでこそ日記、ブログ。

 

今日は外出もあって活動的な日だったけど、

昨日なんかは1日中ごろごろしてて

お昼ご飯は夫にお任せ、

夕飯もテイクアウトで…なんて日だったので

本当に日によりますね(´・ω・`)

 

またできることが増えたりしたら

こんな感じで1日を綴ってみたいと思います。

 

それでは、最後まで見ていただきありがとうございました!

また次のブログでお会いしましょう(/・ω・)/

 

アメリカで車のインキー(car lockout)&鍵屋でスペアキーをつくったよ\(^o^)/

 

どうもkyoumixです(/・ω・)/

 

Thanksgivingホリデーが終わってしまいました!

今年も夫の院生仲間と贅を尽くした肉&カタンパーティをエンジョイし、

Black Fridayセールを楽しみました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20211129024231j:plain

ばばーん

 

anovaでほろほろになったスペアリブと

Whole Foodsのステーキ3種食べ比べ、

そしてちょっといいロブスタービスク缶にバゲット、グリル野菜、マッシュポテト

 

(^ω^ ≡ ^ω^)

 

f:id:kyoumix:20211129024251j:plain

アノヴァ先輩がサングリアまで作ってくれた…おしゃんやな…

 

f:id:kyoumix:20211129024245j:plain

ドイツのボードゲームカタン

 

院生仲間で集まるとカタンをやるのが恒例なんですが

今年は同じスクールに日本人の後輩が1人増えてプレイヤーが4人になり

より熾烈な争いが…(^ω^ ≡ ^ω^)

 

何回やっても飽きない、いいゲームだなぁ〜

あとは野田ゲーなどもやりました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

 

さて、今回は車でインキーしてしまった話を書きたいと思います(´・ω・`)

 

鍵屋を呼んで開けてもらう&スペアキーを作るまでをまとめたので

よかったら参考にしてくださいね(´・ω・`)

 

まぁあまり起こることではないと思いますが(´・ω・`)

 

 

 

車に締め出された!!!

 

夫「やっべ鍵どこだ?(^ω^ ≡ ^ω^)」私「やっちまったか?(^ω^ ≡ ^ω^)」

 

そもそも「インキー」とは、

車とか部屋に鍵を入れたまま締め出されてしまうことで

英語ではlockoutというらしい(^ω^ ≡ ^ω^)

 

最近の車はリモコンのキーが多いから

鍵を車の中に残したまま鍵が閉まる、なんて現象は起こりづらいのだけど、

うちの車は中古車なので

鍵も古典的なタイプ(^ω^ ≡ ^ω^)

 

運転席のキーさえ開ければほかのドアの鍵も開く、なんて便利機能ももちろんなく、

1個ずつ解錠しないとそれぞれのドアが解錠しない仕組み。

 

なので主に助手席のわたしは乗り込む前に

夫くんがまず乗り込む→助手席の内側から鍵を開けるのを待つ、っていうターンがあって、

 

降りる時は「内鍵を閉めてからドアを閉じる」っていう風にしてました。

 

それに慣れてしまってたのがよくなかった…(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

 

夫くん、いつもならエンジンを切って鍵を取り、

「内鍵を閉めずに」ドアを閉めて外側から鍵を閉める、っていう手順にしてたはずが、

今回は焦っていたのか

 

エンジンを切らずに

内鍵を閉めて

そのままドアを閉めてしまった…

 

(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

 

ということでエンジンかけっぱなし、

車から2人とも降りてしまった状態で

インキーしたことに気付いたのでした(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

 

※ちなみに、スペアキーなし…

新車だったら車買う時スペアキーくれるんだろうけどね…!

うっかりインキーしちゃったらマズいから

そろそろスペアキー作らないとなぁ〜と思っていた矢先の出来事でした

 

 

 

保険会社か? 鍵屋か?

 

突然の出来事にややパニックに(^ω^ ≡ ^ω^)

 

しかもエンジンかけっぱなし!

バッテリーあがっちゃったらどうしましょ、とか

あぁあ〜この後の予定が〜〜〜とか

ひたすらアワアワしながら対処法をググる

 

実は夫にとってインキーは初めてのことではないらしく、

2年くらいまえに1回あったらしい。

そしてその時はいろいろなご縁に助けてもらい、

「友達のマンションの受付のおばちゃんに保険会社を呼んでもらった」らしい…

 

ということでまずは自分たちが加入している保険会社を調べる。

ただ、「ぜーんぶアプリにお任せ!24時間対応しちゃうよん」とだけしか書いてなくて、

それって会員情報とか全部登録しておかないとあかんやつやん!となる。

 

車の保険情報とか、全部車のダッシュボードの中に入ってる(´・ω・`)

 

 

 

ということで"car lockout"でもう少しググってみると、

"Car Lockout Locksmith---24-hour car lockout service"なるものを発見!

 

どうやら鍵屋が「鍵の119番」みたいなことをやってるらしい。

確かに日本でも鍵のことは鍵屋にお願いするもんね(?)(/・ω・)/

 

 

 

鍵屋、召喚

 

電話をかけて、あとは待つのみ

 

早速、すぐ来てくれそうなお店を選んで電話。

代表電話に状況と住所、車種を伝えると担当テクニシャンから折り返しの電話。

 

「あと30分くらいでつけると思います〜!」

とのことだったので、その後の予定をキャンセルして車のそばで待つことに。

 

 

 

ちなみに、あとでも書くけど、

このとききちんと見積もりを聞いておくべきだった(´・ω・`)

 

 

 

電話した後は、テクニシャンが早く到着するのを信じて

ひたすら待つ、待つ、待つ…

 

あまりに暇だったので、夫くんにカッコつけてもらいました

 

f:id:kyoumix:20211129062318p:plain

※彼は車に締め出されています

 

この日はアパートの下見に行こうとしていた日で、

背景に見える立派なアパートは残念ながら我々のアパートではありません(´・ω・`)

 

道に迷ってやっとついたのと、

アポイントの時間に遅れていたことで焦ってしまい、

慌ただしく車を降りたのがいけなかったんだろう…

 

とりあえず待つ。

 

 

 

ただ、一向に来ない(^ω^ ≡ ^ω^)

2回くらい追撃電話した(^ω^ ≡ ^ω^)

 

結局、1時間半くらい待ちました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

この日がわりとあったかい日で本当によかった…

 

 

 

鍵屋、降臨

 

1時間半もかけて一体どこから来たというのだ、

お主はこのあたりの会社ではないのか?どうなんだ?

 

というさまざまな疑念がよぎる中

鍵屋のお兄ちゃん登場。

 

それからは10分もかからずに仕事をしてくれました(/・ω・)/

 

 

f:id:kyoumix:20211129024151p:plain

エアバッグみたいな風船を差し込んで、ドアに隙間を作る

 

f:id:kyoumix:20211129024305p:plain

長い金属の棒を差し込んで、鍵の解錠(物理)を試みる

 

f:id:kyoumix:20211129024213p:plain

反対側の窓から見るとこんな感じ。挿しっぱなしの鍵が哀愁漂わせてます…

 

やや苦戦したものの無事解錠。

その後、お会計になるんだけど、いざ値段を聞いてびっくり。

 

 

鍵屋の兄ちゃん「$150です^^」

 

 

 

えぇ〜〜〜

 

高い〜〜〜

 

 

 

いや、そうなんだよね…

実はインキーした直後、かなり慌てていたので

ググって最初に目についたadがついた店舗に電話してしまい…

 

電話したあとにHPをよくよく見たら、

値段も書いてないし、なんならお店の住所も書いてないっていう…

 

値段の手がかりは、ググったときに出てくる紹介文的なとこに書いてある

”$29”って記載だけだったから、

てっきりそのくらいかと思ってしまい…

 

 

兄ちゃんにそのことを聞くとその$29はサービス料だとのこと。

しまった…

 

 

しかし30分で着くと言っておいて1時間半も待たせておいて、なにかないのか?

ってやや怒り気味で不満を伝えても

動じる様子なく。

 

仕方なく、$150をVemmo(電子決済的なやつ)で支払いました。

(↑これもやや怪しかったのだけど、しょうがなかった)

 

 

 

(´・ω・`)

 

 

 

ということで、$150かけて車の鍵を開けてもらいました。

 

もし万が一、次同じようなことが起こった時は、

・所在地やサービス料などが明確に記載されているお店を選ぶ

・最初に見積もりを確認する

ようにしようと思いました(´・ω・`)

 

まぁ、すごく基本のことだと思うんだけど、

あまりに慌てていたのですっかり見落としていたのよ…

 

(´・ω・`)

 

 

 

車のスペアキーを作る

 

スペアキーコピー機か鍵屋で

 

今後またインキーするのはあまりに辛いということで

前々から作ろうということになっていたスペアキーを作りにいきました( ˘ω˘ )

 

アメリカでスペアキーを作る場合、

・購入元のディーラー

・Home Depotなどの工具店

・Key Meなどの自動鍵コピー機(ATMくらいのサイズの機械で、スーパーとかに置いてある)

・Locksmith(鍵屋)

などにお願いすることができるらしいです。

 

Key Meは手軽だけど

機械に鍵の情報が登録されるわけで、

セキュリティ的な部分が個人的にどうしても心配だったのと、

精度がイマイチ、というレビューがあったのでやめました。

 

今回は近所の「実店舗がある」「レビューよさげな」

鍵屋にお願いすることにしました(`・ω・´)

 

 

アメリカの鍵屋初潜入

 

f:id:kyoumix:20211129024238j:plain

戸建の鍵屋〜

 

f:id:kyoumix:20211129024333j:plain

工房って感じでおしゃん

 

f:id:kyoumix:20211129024322j:plain

ボルチモアオリオールズ柄の鍵も!さすがメリーランド

 

行ってみるまでドキドキだったけど、

入ってみたら明るい雰囲気で安心しました。

 

(そもそもアメリカで鍵屋を開くためには資格が必要で、

過去に犯罪歴がないことなどを確認されるらしい。

そこそこ社会的に信頼されている人が経営している…と信じたい)

 

レジのおじさんに鍵を渡すと、

1分くらいで鍵をコピーしてくれました。

 

は、早…

 

念の為、会計前に鍵がきちんと使えるかチェック。

 

う、動く…!(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

ちゃんと使えたよ〜と伝えて、お会計。

$5でした。

 

 

 

やっす!!!!

 

f:id:kyoumix:20211129024704p:plain

第二の相棒、スペアキー

 

 

ということで無事にスペアキーをゲットできました(`・ω・´)

思ってたよりずっと簡単だった〜〜〜

 

 

 

おわり!

 

 

インキーはまじで動揺しました(^ω^ ≡ ^ω^)

 

ずっと気をつけていたんだけど、

わたしもアパートのアポイントのことで頭がいっぱいだったし、

「うっかり」って起こるんだな…

 

$150は痛い出費(^ω^ ≡ ^ω^)

悲しい(^ω^ ≡ ^ω^)

 

それに比べてスペアキーを作る手軽さよ…!

 

アメリカだと何をするにも下調べが必要なので

面倒がっていたのがよくなかった(^ω^ ≡ ^ω^)ごめんね夫(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

 

というわけで

もしスペアキー作ろうかな〜って考えている方がいたら、

近所の鍵屋さんにいけばサクッと作ってもらえるはずですので

ぜひお願いしてみてください(^ω^ ≡ ^ω^)

 

そんでもしインキーしちゃったら

信頼できそうな鍵屋をきちんと探すか、

前もって保険会社への問い合わせ方法などを確認しておくと良いかもですね(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

どなたかの参考になれば嬉しいです(^ω^ ≡ ^ω^)

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

また次のブログでお会いしましょう(/・ω・)/